オンラインショップ

BMW 335i スタンダード研磨+グロスアーマー+金属モールコーティング

BMW 335i。スタンダード研磨+グロスアーマー+金属モールコーティングのご用命でご入庫いただきました。中古でご購入されたというこちらのお車、ご購入当初の状態にはご満足されていたものの、その後、ご自身で洗車やワックスを行っているうちに、艶が落ちてきた気がするとの事です。ボディー色が洗車傷が見えにくいシルバーという事もあり、一般的には十分に綺麗と言われる程の状態です。スタンダード研磨+グロスアーマーは、当店ではスタンダードですが、世界レベルで見た場合には最高レベルの仕上がりを目指します。新車から間もなく7年が経過するこちらのお車。美しく仕上げ、オーナー様のご期待にお応えできるよう、全身全霊で作業させていただきます!

image4

美しい仕上がりの基本は徹底的な下地処理洗車です。まずは、ホイールから洗浄して参ります!

綺麗にされているものの、隅々にブレーキダストの固着が見られます。欧州車は特にダストの付着が多く、ホイール自体が黄色く変色してしまった様に見える場合もございます。以前ディーラーの営業の方が、「染まってしまって、もう落ちない」とおっしゃっていました。しかし、殆どの場合は除去する事が可能です。

洗浄前。

DSC_4446

ホイール自体を痛めないよう最新の注意を払いながら、数種類の洗剤を駆使して洗浄いたします。

洗浄後。

DSC_4448

グロスアーマー、TTクリアコートの場合、簡易的ではございますが、裏側も洗浄いたしております。ホイールコーティングをしていますと、汚れの固着が非常に少なく、裏側も簡単に汚れが落ちますので大変お勧めです。こちらのオーナー様も、今後ホイールコーティングの施工もご検討いただけるとの事でした。スタッドレスタイヤに交換した際、外した夏タイヤをお持ちいただけますと、裏側までしっかりと洗浄、コーティングする事ができます。

DSC_4478

フロントガラス上部のモール周り。黒く水垢が蓄積しています。

洗浄前。

DSC_4496

こういった部分をコツコツと綺麗にしていきます。もちろん、素材を傷めないよう、最善の方法で洗浄いたします。

洗浄後。

DSC_4499

さらには、こんな部分までも。

洗浄前。

DSC_4491

写真ですと、あまり違いがわかりませんね^^;

洗浄後。

DSC_4493

サンルーフのガラス部は、ルーフの一部として、水ジミを綺麗に除去した後、ガラス用の撥水コーティングを施工いたしました。ガラスはうろこ状の水ジミが付きやすいですが、コーティングは水ジミが付きにくくなる効果もあります。

DSC_4494

BMWの顔、キドニーグリル。細かい部分まで念入りに洗浄いたします。

洗浄前。

DSC_4455

洗浄後。

DSC_4457

各ドアの開口部分も洗浄いたします。

意外と汚れが溜まりやすい、セダンのトランク開口部。

洗浄前。

DSC_4479

洗浄後。

DSC_4486

ドアの水抜きの穴から流れ出た防錆グリスの汚れ。

洗浄前。

DSC_4488

洗浄後。

DSC_4490

こちらも同様です。

洗浄前。

DSC_4487

洗浄後。

DSC_4489

隅々まで下地処理洗車が完了した後、金属モールコーティングを施工いたします。輸入車の金属モールはアルミ製の為、何もしないと白く錆が出てきてしまいます。新しいうちに、専用のコーティングで保護する事により、錆の進行をかなり食い止める事ができます。こちらのお車はブラックモールですが、やはり白っぽい錆が見られました。

DSC_4504

DSC_4502

金属モールを研磨する技術も、拘りを持っております。ある程度錆が酷くなると、一般的には研磨ができないと思われており、交換する事となります。その場合10万円以上の費用がかかります。また、我々プロ用にも様々な商材が提供されていますが、錆が落ちる代わりに細かな磨き傷が付いてしまう用品も数多くございます。錆びているよりは、細かい傷が付いていたほうがマシという事なのでしょうか。もちろん当店は、仕上がりを最優先した方法で作業したおります。

DSC_4515

施工前、施工後の比較画像があれば良いのですが、今回は作業に夢中になり、撮り忘れてしまいました。仕上がりは後程の完成画像でご確認くださいませ。

金属モールの研磨、コーティングの完了後、塗装面の研磨を行います。

綺麗に見えるお車ですが、傷をチェックする為の照明を当てますと、この様な状態です。シルバーなどの淡色車は、傷が見えないので、施工は簡単。と思われがちですが、見えにくい傷を、見落とさないように確認しながら研磨するので、簡単という事はありません。求められる技術は色によって多少違いますが、完璧に仕上げるまでの労力に変わりはありません。

研磨前。

DSC_4519

もともと傷が見えにくいシルバーですので、ただ単に傷を除去するだけではなく、艶を最大限引き上げる様に研磨いたします。

研磨後。

DSC_4522

研磨前。

DSC_4556

研磨後。

DSC_4576

研磨前。

DSC_452711

研磨後。

DSC_45361

テールレンズも研磨可能です。

研磨前。

DSC_4540

レンズが綺麗になると、7年という月日がリセットされ、全体的に新車の様な印象に変わります。

研磨後。

DSC_4553

ピアノブラックのピラー部は、とても傷が目立ちます。

研磨前。

DSC_4557

磨き目を残さずに磨き上げます。

研磨後。

DSC_4562

心を込めて研磨いたしました。

DSC_4574

研磨終了後、優れた保護効果とメンテナンス性を持つ、グロスアーマーを施工いたしました。研磨で磨き上げた塗装面に、3工程の作業により完成した光のベールに包まれた様な艶が加わり、美しく仕上がりました。

image3

image4

image2

DSC_4591

白く腐食が進んでいたブラックモールもご覧のとおり、綺麗になりました。

DSC_4596

DSC_4617

DSC_4601

image5

お車をご覧になったオーナー様、「今までシルバーのBMWを2台乗っていたけど、色が全然違う感じがする!ボディへの映り込みがすごく綺麗ですね!」と仰ってくださいました。研磨で表面を整えた事によるシャープな映り込みと、塗装本来の色を損なわない、発色の良さが特徴のグロスアーマー、両方の特徴をすぐにお分かりいただいて、施工した私共もとても嬉しかったです。これからの洗車方法をお伝えすると、「汚くしていたのは、自分なんですね!手をかけていたつもりだったので、びっくりです」と驚かれていました。正しい洗車と必要に応じた当店のメンテナンスで、末永く美しい状態を保っていただければ幸いです。通常の洗車で落ちない汚れなどがございましたら、無理をせずに、お気軽にご相談くださいませ。

DSC_4611

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひ、いつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2015年09月06日
メーカー:
ボディタイプ: