オンラインショップ

BMW 528i スタンダード研磨+グロスアーマー+金属モール研磨&コーティング

BMW 528i、スタンダード研磨+グロスアーマー+金属モール研磨&コーティングのご用命でご入庫いただきました。

DSC02132

ご自身で洗車されるオーナー様ですが、ボディー全体が鉄粉でザラザラして、洗車傷も気になり、洗車しても楽しくないとの事です。金属モールも輸入車に多く見られる症状ですが、かなり白く錆びてしまっております。以前にも他店で研磨してもらったとの事ですが、あまり綺麗にならず、これ以上綺麗にするなら交換するしか無いといわれたとの事です。以前3シリーズのお客様が、ディーラーに見積もりを取ったところ、工賃込みで14万円との事でした。

金属モール研磨は、色々な方法がありますが、当店はボディーと同様、研磨傷は最小限に、仕上がりは新品の様に。と、数種類の研磨方法を組み合わせて行っております。大変時間のかかる作業となりますが、写真の様に、かなり綺麗になりました。

研磨前。

DSC_0008

研磨後。

DSC_0009

線路の側に駐車されていた為か、全体に大量の鉄粉が付着しておりました。それらを綺麗に除去した後、数種類の洗剤を使い、塗装面をすっぴん状態にいたします。下地処理の洗車が終わった段階で、かなりすっきりとした印象になります。

当店ではあまり使用しないトラップ粘土ですが、今回は使用いたしました。

DSC_0022

大量の鉄粉は粘土で除去するのが一番です。ただし、粘土の傷が入りますので、その後研磨する場合に限ります。

DSC_0019

グリルに付着した水ジミも、最適な洗剤を使いまして…。

DSC_0024

綺麗に洗浄いたします!

DSC_0026

その後、塗装面の研磨作業を行いました。軽研磨のご用命が多い当店ですので、スタンダード研磨は気合が入ります!軽研磨でも感動の仕上がりを目指しておりますので、スタンダード研磨は究極の仕上がりを目指して作業をいたします。もちろん、限りある塗装ですので、できるだけ膜厚を減らさないように気をつけながら作業しております。本日で2ミクロンから、一部傷が深いところで5ミクロン程度の研磨量でございました。

ボンネット。

研磨前。

DSC_0031

研磨中。一度の研磨でかなりのレベルで仕上がっているのですが、その後も工程を重ね、精密に表面を整えていきます。

DSC_0039

研磨後。

DSC_0045

トランクリッド。

研磨前。

DSC_0030

研磨後。

DSC_0034

まだコーティング前ですが、水面の様に仕上がっております。

DSC_0036

洗車傷と、全体についた鉄粉。そして表面の酸化により、艶が低下し白っぽくなっていた塗装面でしたが、黒に深さが戻り、濡れた様な艶に仕上がりました。錆が無くなり綺麗に復活した金属モールと相まって、年式が想像できない、新車の様な輝きを取り戻しました^^

研磨前。

DSC_0069

研磨後。

DSC_0072

研磨完了後、コンパウンドの粉を純粋で洗い流し、3工程のグロスアーマーを施工いたします。

グロスアーマー2工程目、施工中。広い部分はガンで拭き付け。

DSC_0098

2工程目まで完成。かなり艶が出てきました!

image

3工程目のトップコートを施工。全ての作業が完了いたしました!

DSC_0125

皆様で洗車方法をお聞きになりたいと、ご夫婦とご友人でご来店くださりました。オーナー様は奥様なのですが、お車をご覧になり、ご主人が「新車の時みたいだねぇ。」と仰ると、「凄い!新車の時より綺麗!」と仰ってくださいました。「綺麗すぎて触れない」とご心配されておりましたが、本日ご案内させていただきました、正しい洗車方法をしていただければ、洗車もきっと楽しく、末長く綺麗な状態を楽しんでいただけると思います!何か気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ^^

DSC_0116

DSC_0132

DSC_0136

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2015年05月05日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: