オンラインショップ

BMW Z4 スタンダード研磨+コーティング(グロスアーマー)+ガラス撥水コーティング+ホイールコーティング

BMW Z4。スタンダード研磨+グロスアーマー+ガラス撥水コーティング+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。

新車から4年弱が経過したお車をご購入され、ガソリンスタンドでコーティングを施工されたものの、殆ど見た目の変化がわからなかったとのことです。当店のホームページをご覧になり、ご相談くださいました。当店でも研磨無しのビューティフルコートは比較的お手ごろな価格ですので、コースの選択を迷われておりましたが、「せっかくやるなら」とスタンダード研磨+グロスアーマーにてご用命をいただきました。価格の差がかなりございますので、オーナー様のご期待にお応えできるよう、全力で施工させていただきます!

DSC_8663

まずは徹底的な下地処理洗浄を行います。

ホイール。

洗浄前。

DSC_8665

洗浄後。

DSC_8666

BMWの特徴であるフロントグリル。

洗浄前。

DSC_8669

格子の付け根など、細かい部分に固着している水ジミも綺麗にいたします。このような細かい部分をしっかりと仕上げることにより、完成時の印象が大きく変わります。「神は細部に宿る」私共の心に刻み込まれている言葉です。

洗浄後。

DSC_8670

サイドステップ下側。

洗浄前。

DSC_8686

殆ど見えない部分ですが、「今私共が洗わなくていつ洗うのでしょう?」という思いで、きちんと綺麗にいたします。「神は細部に宿る」のですから(^^)

洗浄後。

DSC_8687

ドア下側、水抜き穴周り。

洗浄前。

DSC_8692

洗浄後。

DSC_8703

指が入らない部分は筆などを使い、素材に傷を付けないよう気をつけながら、丁寧に洗浄いたします。

DSC_8672

ルーフをオープンにした際に出てくる部分です。ルーフを動かしながら綺麗にいたします。

DSC_8700

マフラー出口。すすが固着しています。

洗浄前。

DSC_8695

洗浄後。

DSC_8696

徹底的に汚れを落とした後、塗装研磨を行い、洗車などで付いた細かな擦り傷を除去し、塗装の艶を引き出していきます。

DSC_8707

ボンネット。白いお車は傷が目立ちにくいですが、研磨用の照明を当てると、傷が浮かび上がってきます。

研磨前。

DSC_8711

研磨後。

DSC_8715

深いプレスラインも研磨でより美しさが引き立ちます。

研磨前。

DSC_8775

研磨後。

DSC_8780

この付近は傷が多かったです。この傷は中古車販売前に磨かれたと思われる、「バフ目」と呼ばれる研磨の跡です。研磨で傷を消すどころか、ぱっと見の艶を出すために、結果的にかえって傷を増やしてしまっています。

研磨前。

DSC_8732

洗車傷よりよっぽど深い「バフ目」でしたが、綺麗になりました。

研磨後。

DSC_8740

トランク。細かい傷で照明の映り込みがぼやけています。

研磨前。

DSC_8746

傷を取る研磨と、艶を出す研磨を使い分けながら、くっきりと仕上げていきます。

研磨後。

DSC_8749

テールレンズも研磨できます。ここが汚いと車が古びて見えてしまいます。

研磨前。

DSC_8760

研磨後。

DSC_8771

細かい部分も研磨していきます。エンブレムは車の顔です。

研磨前。

DSC_8754

研磨後。

DSC_8764

黒いピラー部は傷が目立ちます。

研磨前。

DSC_8812

ピアノブラックというレベルに仕上げます。

研磨後。

DSC_8815

研磨完了いたしました。この時点でものすごく綺麗になっております。ここまで下地を作り上げた後、グロスアーマーをコーティングして、さらに美しさを引き上げて、塗装面を保護いたします。

DSC_8817

研磨の途中で、お車を見にいらっしゃったオーナー様、綺麗になったと大変喜んでくださり、追加でガラスの撥水コーティングと、ホイールコーティングをご用命くださいました。

窓ガラスのコーティングも塗装面同様、下地処理が大切です。ガラスの付着物を完全に除去いたします。

DSC_8819

運転席側の窓ガラスを下地処理したところです。表面に何も無い状態ですので、水を掛けても全く弾かない親水の状態になっています。この後残り半分も処理をしてからコーティングを施工いたします。

DSC_8823

ホイールコーティング。1層目のガラスコーティング。作業しやすい形状の箇所は手塗りで、できるだけ厚くコーティングいたいます。複雑な形状で手が入らない部分はスプレーガンも使用して施工いたします。

DSC_8835

硬化時間を置いた後、さらに2層目のフッ素コーティングをして、防汚性能を高めます。

DSC_8837

ボディーには3工程のグロスアーマーを施工いたします。2工程目の施工中です。

DSC_8827

全ての作業が完了いたしました!「新車みたい」ではなく、「新車より艶々」に仕上がりました。

DSC_8839

image1

DSC_8842

DSC_8845

プレスラインと曲面が美しく引き立ちます。

DSC_8847

DSC_8872

DSC_8858

DSC_8862

image

お車をご覧になったオーナー様、「テカテカですね!白でもこんなになるんですね!」と、喜んでくださり、「前のコーティングとはぜんぜん違う」と驚かれておりました。ご満足いただけましてほっといたしました。

今まではガソリンスタンドの手洗い洗車を利用されていて、ご自身で洗車したことは無かったそうなのですが、今後は何度か当店の洗車をご利用いただきながら、正しい洗車を覚えられて、その後はご自身でも当店のセルフ洗車サービスを利用して洗ってみたいとのことでした。

このように美しく仕上げても、間違った洗車や取り扱いをしてしまいますと、あっという間に傷だらけになってしまいます。しかし、正しい洗車や取り扱いをされますと、何年も綺麗な状態を保つことができます。いつまでも「美しいクルマと共に暮らす。」そんな毎日を送っていただければ幸いでございます。

DSC_8881

この度は、数ある施工店の中からお選びいただき、誠にありがとうございました!

2016年03月24日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: