オンラインショップ

ルノー キャプチャー 軽研磨+グロスアーマー+全面ガラス撥水コーティング

ルノー キャプチャー。軽研磨+グロスアーマー+全面ガラス撥水コーティングのご用命でご入庫いただきました。

オーナー様は非常に綺麗に乗られていましたが、以前施工されたコーティングが下地の付着物を閉じ込めてしまっていたのが気になっていたとの事です。

image1

まずは、徹底的な下地処理洗浄と全面ガラス撥水コーティングを行います。

洗車後、水ジミや隅々に溜まった汚れを、専用の洗剤とマイクロファイバークロスで落として参ります。

除去前

DSC_1521

除去後、メッキのリヤガーニッシュ下側もスッキリ綺麗にいたしました。

DSC_1524

当店では下地処理の洗浄にも拘っております。下地が仕上がっていないボディにコーティングをしても美しく仕上がりません。完璧な下地があってこそ、コーティングしたときの美しさは最大限引き出されます。

窓ガラスも下地処理が大事です。広い面はポリッシャーを使用し、丁寧に。色々な材料や道具を使用し、ウロコ汚れや隅々の汚れも除去いたします。

DSC_1534

下地処理前

DSC_1528

下地処理後、この様に窓ガラスに何も付着していない親水の状態にしてからコーティングいたします。

DSC_1539

ボディもガラスも下地処理が大切です。明日は、研磨作業にてグロスアーマーの下地を整えて参ります!

昨年12月に新車で購入された後、他社でコーティング施工済みのお車です。その際、適切な下地処理を行っていなかった為、傷や汚れ、新車特有の塗装面の曇りなどが、そのままコーティングされてしまっておりました。それらを研磨でしっかりと取り除き、くっきりと美しく仕上げて参ります。複雑な曲面で構成されたボディですが、適したポリッシャーと適した磨き方で、隅々まで丁寧に研磨いたします。

研磨前。

DSC_1551

研磨後。

DSC_1557

ピアノブラックの樹脂パーツは、傷が目立ちますね。

研磨前。

DSC_1558

研磨後。

DSC_1560

未塗装の樹脂パーツは、バフが当たって傷がついたり、コンパウンドの粉を被ったりしないよう、しっかりと養生した後に作業しております。

DSC_1568

研磨完了後、3工程のグロスアーマーを施工いたしまして、全ての作業が完了いたしました。

DSC_1654

DSC_1655

デザイン上のアクセントになっている、ピアノブラックのグリル。もちろん、バフ目など残さずに綺麗に仕上ました。

DSC_1680

オレンジはソリッドではなく、パールが入っています。

DSC_1710

素晴らしい曲線美。

DSC_1698

お車をご覧になったオーナー様、今まで気になっていた傷などが無くなり、仕上がりにご満足いただけたようです。納車の際、皆様に洗車方法をお伝えするのですが、洗車に大変こだわっておられ、力加減など、正しく洗車されておりました。ご使用になっているケミカルや道具に問題が無いかなど、熱心にご質問くださいました。これからも、正しい洗車で、美しい愛車をお楽しみくださいませ!落ちない汚れや、水ジミなどがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

DSC_1652

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2015年07月17日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: