オンラインショップ

マツダ アクセラスポーツ 軽研磨+グロスアーマー+全面ガラス撥水コーティング

マツダ アクセラスポーツ、軽研磨+グロスアーマー+全面ガラス撥水コーティングのご用命でご入庫いただきました。

DSC_6940

まずは下地処理洗車と全面ガラス撥水コーティングの施工を行いました。色々な汚れを、塗装に傷をつけないよう、優しく除去していくのですが、今回一番大変だった汚れが…またしても、下回りの防錆塗装です。特にリヤガラスとバックドアの付着は酷い状態でした。

DSC_6981

ガラス面に白く見えるのが、実際は黒い塗料です。この塗料、各種洗剤、溶剤でも溶けないタイプのもので、最終的にトラップ粘土で落とすしかありませんでした。建物などの工事現場で、塗料が飛び散ってしまう事があり、建築業者が加入している保険で、塗料ミスト除去を行う事があるのですが、それと同じような状態になっておりました。

除去中。

DSC_6988 (1)

トラップ粘土を使うと、下の写真の様に、必ず塗装面に傷が入ってしまいます。

DSC_7002

新車ですので、軽研磨でのご用命でしたが、この部分は粘土傷を残さないよう、念入りに研磨させていただきます。…しかし、お客様の大切な新車で、しかも、マツダ入魂の「ソウルレッドプレミアムメタリック」だというのに。正直に申し上げますと、「何という事をしてくれるんだ!」という心境です。少なくとも、こちらのお車のオーナー様には、その痕跡も残さぬよう、しっかりと作業させていただきます。

次に研磨作業を行います。新車の塗装表面に見られる曇り。マツダ車はそれが強めなのですが、それを研磨で除去し、光沢を上げて参りました。何となく黒っぽかった色が、鮮やかさを増し、映り込みがクッキリとして、見違えるような色になりました。もちろん、所々に見られる擦り傷や洗車傷もしっかりと除去いたしました。昨日、防錆塗装を除去する為に付いてしまった、トラップ粘土の傷も綺麗になりました。

研磨前。

DSC_7020

研磨後。

DSC_7021

丁寧に研磨していきます。

DSC_7019

次に3工程のグロスアーマーを施工いたします。研磨とコーティングにより、艶と鮮やかさを増したマツダ入魂のボディーカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」。作業前とはまるで別な色の様に、とても美しく仕上がりました。例えば光沢のある漆器などは、職人さんが手作業で磨き上げて仕上げますが、車はコストの関係で、メーカーでは一台一台研磨する事はできません。私共は、「未完成の車を完成させる。」そんな気持ちで一台一台作業させていただいております。

DSC_7044

DSC_7048

DSC_7047

DSC_7046

3工程のグロスアーマーの施工が完了いたしました!

DSC_7058

DSC_7080

DSC_7070

DSC_7076

お車をご覧になったオーナー様、「納車になった時は、何か違うな。と思ったのですが、この色ですよね。色が濃くなって、メタリックが良く見えるようになりました!綺麗ですねぇ。」と大変喜んでくださいました。マツダ入魂の「ソウルレッドプレミアムメタリック」に、当店の魂も込めさせていただきました。当店のデモカー、ルーテシア号の「ルージュフラム」も、こちらのアクセラと同様、ベースの赤メタリックの上に、赤が入ったクリアーを重ねる、一般的にはキャンディレッドと呼ばれる色です。2台の美しいキャンディレッドの車が並んで、とても華やかでした。今後は、正しい洗車でオーナー様の魂を込めていただき、末長く美しい愛車を楽しんでいただければ幸いです。落ちない汚れなどがありましたら、無理せずに、お気軽にご相談くださいませ。

image1

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2015年04月09日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: