オンラインショップ

マツダ ロードスター 軽研磨+コーティング(グロスアーマー)+全面ガラス撥水コーティング+ホイールコーティング

マツダ ロードスター 軽研磨+コーティング(グロスアーマー)+全面ガラス撥水コーティング+ホイールコーティング のご用命でご入庫いただきました。

オーナー様は以前から当店のホームページをご覧になっていとのことです。新車の塗装には、「くもり」があり、映り込みがボンヤリしていることをご存知で、今回ご購入されたロードスターの「くもり」が無くなったらどうなるのか?と、ディーラー様のご協力のもと、納車前に積載車でお持ち込みいただいての施工となりました。

オーナー様のご期待にお応えできるよう、全力を尽くして施工させていただきます。

dsc_5169

納車前の新車ですが、車は屋外で保管されますので、意外と汚れているものです。いつもどおり、徹底的な洗浄から行います。

ステップ部に白い筋状の汚れが付着しておりました。ドアヒンジのグリスが水と混ざって外に流れ出たものです。

洗浄前。

dsc_5170

グリスは油汚れなので、油分を溶かす洗剤を使い、優しく除去いたしました。

洗浄後。

dsc_5171

このような開口部も綺麗に洗浄いたします。

dsc_5173

次にガラス撥水コーティングを行います。窓ガラスもボディと同様、付着物がある状態ですとコーティングが十分に定着いたしませんので、下地処理を施します。

下地処理前のフロントガラスの様子です。水を掛けると油分などの汚れで中途半端に水を弾きます。

下地処理前。

dsc_5174

汚れを完全に除去したことで、写真のように水を全く弾かない状態となります。その後、耐久性の高い厳選したガラス撥水コーティングを施工いたします。

下地処理後。

dsc_5175

次は研磨作業です。磨いてはいけない部分、汚れてはいけない部分にマスキングをいたしますが、当店は一気にマスキングをせずに、研磨箇所に応じて、部分的にマスキングを行ないながら磨いていきます。マスキングテープの糊の影響を最小限に抑えるためです。糊の影響が無い部分を予めマスキングいたしました。

dsc_5188

こちらの色は、マツダ入魂の「ソウルレッドプレミアムメタリック」。今まで再現することが難しかった鮮やかさと深みを両立させたという、「匠塗」の技術で作られた色とのことです。その言葉通りとても美しい塗装なのですが、大量生産の工業製品である自動車は、コストの関係上、塗装後に職人が1台1台磨き上げるということができません。ロボットがスプレーで塗装を吹きつけた状態のまま完成となりますので、塗装表面が若干くもった状態のままとなっております。工芸品の漆器のように、職人が研磨を行うことにより、表面の艶がシャープになり、全体の印象が全く違った物になります。

当店は、世界でもトップクラスの研磨技術を使い、研磨による傷などを付けずに、完璧な状態へと研磨することが可能です。研磨量も非常に少なく、新車の塗装の場合、大体1ミクロン以下の研磨量ですので、新車の塗装をむやみに削って痛めてしまうということもございません。

研磨前のボンネットです。

dsc_5189

右半分だけ研磨を行いました。左側と比べると照明の輪郭がくっきりしたのがお分かりいただけるでしょうか。

dsc_5196

どういうことなのか左側の照明を拡大してみてみます。照明の周りがぼやぼやとして輪郭がはっきりしていません。吹き付けられた塗装が硬化する際に、若干収縮したために、表面が細かい「ちりめん状」になっているのです。

dsc_5192-1

研磨をした右側の照明の様子です。「ちりめん状」の塗装面を平滑に研磨することにより、シャープな映り込みになっております。

dsc_5207-1

続いてトランクの様子です。照明の周りがぶつぶつとしています。これも塗装が硬化する際に、表面に現れた跡になります。

研磨前。

dsc_5209

ぶつぶつが無くなりくっきりとした映り込みになりました。

研磨後。

dsc_5211

フロントバンパー。樹脂パーツは金属部の塗装とは、また様子が違います。

研磨前。

dsc_5220

微妙な差ではありますが、全体をしっかりと磨き上げますと、景色などの映り込みがくっきりとして、お車全体が、まるで画像処理でもしたかのように、シャープな印象になります。

研磨後。

dsc_5222

研磨でくもりを取り除き、塗装本来の艶を最大限に引き出した後、いよいよ3工程のグロスアーマーを施工いたします。グロスアーマーは樹脂である塗装面の、目に見えないピンホールや凹凸に硬く均一な膜を作り、塗装を強化し、防汚性能を引き上げます。また、塗装により一層の光沢を与え、さらに発色もより鮮やかにいたします。

場所によってスプレーガンと手塗りを使い分けながら、隅々まで丁寧にコーティングいたします。

dsc_5224

コーティングに使うクロスは必ず新品を一度洗ったものを使い、力加減にも気をつけながら磨き上げた塗装面に傷を入れないよう、ムラ無く仕上げてまいります。

dsc_5226

グロスアーマーが完成いたしました。まさに名前のとおりの「艶の鎧」をまとい、美しく仕上がりました。

dsc_5231

dsc_5232

dsc_5233

dsc_5235

dsc_5237

当店では、「私達職人が磨いて、車は完成する。」と考えております。ここまで仕上げたオーナー様からよく伺うお言葉が、「汚れていても綺麗なんだよね」というものです。景色の映り込みがくっきりとしていることにより、多少汚れが付いていても、それ以上の美しさがあり、綺麗に見えてしまうのです。

dsc_5243

dsc_5248

ホイールコーティングも施工させていただきましたので、ブレーキダストで汚れても固着しにくく、簡単に洗えます。

dsc_5249

お車をご覧になったオーナー様、「お願いして良かったです!映り込みが全然違う。やっぱり深みが出ますよね。」と仰ってくださいました。ご満足していただけたようで何よりでございます。

水ジミの付着や洗車傷を最小限に抑える洗車方法もご説明させていただきました。優しい洗車で美しい愛車を末長くお楽しみくださいませ!通常の洗車で落ちない汚れが付着した際には、傷の原因となりますので、無理に擦ったりせず、お気軽に当店までご相談くださいませ。

この度は、数ある施工店の中からお選びいただき、誠にありがとうございました!

dsc_5234

2016年10月02日