オンラインショップ

ルノー メガーヌR.S. トロフィー 軽研磨+コーティング(グロスアーマー)+ホイールコーティング+全面ガラス撥水コーティング

ルノー メガーヌR.S. トロフィー 軽研磨+コーティング(グロスアーマー)+ホイールコーティング+全面ガラス撥水コーティング のご用命でご入庫いただきました。

以前から当店をご利用いただいているお客様でございます。お車の注文後すぐにコーティングのご予約をいただき、ディーラーでの納車後そのまま当店にご来店くださいました。ありがとうございます。メガーヌR.S.トロフィーの日本での販売数は210台。その中で、こちらのグレードは90台。貴重な1台でございます。

dsc_4806

まずは徹底的な洗浄から行います。

ホイールはコーティングを行いますので、いつもよりも念入りに洗浄いたします。

洗浄前。

dsc_4811

裏側もできる限り洗浄します。ブレンボのキャリパーも綺麗にします。

洗浄後。

dsc_4816

ルノーのエンブレム。すでに水ジミが付着しておりました。

洗浄前。

dsc_4819

水ジミは通常のシャンプーでは落ちませんが、水ジミを落とす専用の洗剤で優しく除去いたしました。

洗浄後。

dsc_4820

下回りです。錆を抑える防錆剤が必要の無い部分にまではみ出しておりました。欧州車は、このように、最初から防錆剤などがたっぷりと施工されています。お車の耐久性を考えると、とても良いことです。でもはみ出した部分は、きちんと落とします(^^)

洗浄前。

dsc_4834

油分を溶かす洗剤を使って、不要な部分のみ、優しく除去いたしました。

洗浄後。

dsc_4835

こちらはドアパネルの下の部分です。ドアパネルの内部からも防錆剤がはみ出しておりました。

洗浄前。

dsc_4836

洗浄後。

dsc_4839

新車とはいえ、納車前の洗車などで、すでにシミがついています。専用の洗剤で、グリルの細かいところまで、ひとつひとつ洗浄いたします。道具は、車を痛めないソフトな素材で、汚れたらすぐに交換できるような使いやすい物を探して使っています。洗車用品という固定概念を持たず、幅広い物から選択しています。このスポンジは、介護用品で、口腔内を掃除する為の物です。その中で一番ソフトな物を使っています。とっても使いやすいですよ(^^)

dsc_4823

続いて窓ガラスの撥水コーティングを施工いたします。窓ガラスもボディと同様、コーティング前の下地処理が重要です。しっかりと付着物を除去いたします。

dsc_4845

リアガラスの右半分だけ下地処理を行なった状態です。下地処理をしていない左半分は付着した汚れや油分で中途半端に水を弾いていますが、右半分は綺麗なガラスの表面ですので、水を掛けても全く弾かない親水の状態になっています。この後、業務用の中でも耐久性の高い、厳選したコーティングを施工いたします。

dsc_4843

ホイールコーティングは、お車に装着されている純正ホイールと、別にお持込いただいた新品ホイールの合計8本を施工させていただきました。輸入車はホイールの汚れ具合よりも、ブレーキの効きを重視するため、ブレーキダストが多く汚れやすいですが、コーティングをしておりますと、ツルツルと汚れが落ち、とても楽に洗えるようになります。秋田市内の有名ホイールショップからのご依頼も多くいただいる、当店の隠れた人気メニューです!持続期間は本来1年なのですが、実際は2年経っても結構効いています。とってもお勧めのメニューです。

dsc_4848

続いてボディ研磨に入ります。

今回のカラーは「ジョン シリウス」というルノーの特別塗装色です。メタリックが美しい、とても鮮やかな黄色です。しかし、新車の状態では、塗装の「くもり」が強めで照明の映り込みがぼんやりとしております。何故なら、車の塗装は、製造時にロボットによって吹き付けられ、そのまま硬化させただけだからです。これを職人が研磨し、「くもり」を取り除くことにより、くっきりとした美しい塗装面に仕上げることができます。

写真はボンネットの画像です。左側が研磨前、右側が研磨後です。ライトの映り込みが違うのがお分かりいただけるでしょうか。

dsc_4860

ボンネットの別の部分をさらに拡大。ブツブツとしています。

研磨前。

dsc_4864

くっきりといたしました。

研磨後。

dsc_4868

磨き上げた塗装面です。くもりを除去し、表面の艶を引き上げる研磨をしたことにより、メタリックの粒子も引き立って、美しい表情を見せてくれます。

dsc_50111

バックドア。やはりボヤボヤしています。

研磨前。

dsc_4872

研磨でくっきりと仕上げます。

研磨後。

dsc_4903

少し傷が目立つテールレンズも研磨いたします。

研磨前。

dsc_4884

研磨後。

dsc_4890

研磨で塗装面の艶を最大限に引き出した後、3工程のグロスアーマーを施工し、さらに艶を引き上げ、塗装面を保護いたします。全ての作業が完了いたしました。

dsc_4959

dsc_4960

dsc_4961

dsc_4964

dsc_4968

dsc_4969

dsc_4984

dsc_4985

dsc_4994

お車をご覧になったオーナー様、「やっぱり違いますね!良かった!最初はもやもやしてましたよね」と、塗装面のくもりがなくなったことに感動しておられました。以前、同じ塗装色のルーテシアRSにグロスアーマーを施工させていただいたことがあったのですが、そのときのブログをご覧いただいており、仕上がりを想像してご期待くださっていたとのことです。ご期待にお応えすることができ、何よりでございます。

その時の施工事例はこちら。

ルノー ルーテシア RS 軽研磨+グロスアーマー+部分ラッピング

以前のお車も施工してくださり、洗車が大変上手なオーナー様です。ぜひこのスパルタンなメガーヌRSの美しさを、末長くお楽しみくださいませ。落ちない汚れなど、気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!

この度は、数ある施工店の中からお選びいただき、誠にありがとうございました!

dsc_4970

2016年09月20日