オンラインショップ

日産 ティアナ TTグラス&グロス(既販車)

日産 ティアナ。セフィーロの後継として発売された直後に購入され、間もなく10年が経つこちらのお車。実は私が日産で整備士をしていた時に、担当させていただいていたお車です。新車時いきなりタコメーターが故障してしまい、内装に傷を付けない様、冷や汗を流しながらメーター交換をした思い出があります。カーポートではありますが、雨や風があたる状態での保管で、10年間水洗いのみ。冬の間はたまに洗車機に入れていたそうです。私がワックスは塗らないようにとアドバイスしていたので、10年間何も塗装面に塗った事はない状態です。15万キロ近く走られ、そろそろ新車にお乗換えを考えていたオーナー様。しかし諸事情で、あと2年程乗られる事に。だったらピカピカにして気持ちよく乗りたいとの事で、今回ご入庫いただきました。実は新車の頃にもコーティングをしてほしいと言われていたのですが、10年目にしてようやく施工する事ができました。

長い間お待ちいただいた分、頑張って綺麗にさせていただきます!

安定感のあるホイール。この頃日産はタイヤ幅ではなく、外径を大きくして接地面積を稼ぐ設計に転換しました。16インチなのに65扁平。大きなタイヤです。

DSC_1359

木目を使い、和風モダンなデザインの内装。

DSC_1355

落ち着いた雰囲気のステアリング。日産のカーウイングスが出始めの頃でした。ボタン一つでオペレーターに繋がり、カーナビのルート設定などしてもらえる。当時感動したのを覚えています。

DSC_1356

和のおもてなしを表現した内装。寿司屋のカウンターをモチーフにしたというウッド調パネル。

DSC_1358

ドアヒンジ部に溜まった10年分の汚れを除去。ワックスを頻繁に塗る方は、ここにワックスが流れてドロドロの汚れになっている事が多いです。こちらのお車はワックスを使っていないので、あまり頑固な汚れはありませんでした。意外なワックスの副作用です。

DSC_1311

ドア下部は、ドアの中から流れてくる防錆ワックスや、走行中に巻き上げられるタールやピッチ、鉄粉などで汚れています。こちらも綺麗に除去。

DSC_1312

ここには土や葉っぱなどが溜まっておりました。かなり汚れるポイントです。

DSC_1398

エンジンルームも清掃。少し手を入れてあげると、大分綺麗に見えるものです。シリコンの艶出しなどは埃を呼ぶ為、当店では使用いたしません。

DSC_1316

洗車完了し、マスキングをしまして磨きに入ります!

DSC_1325

簡単に外せるサイドマーカーランプなどは外して作業します。

IMG_1052

フロントドアの途中まで磨いた状態です。磨いた所と、磨いてない所の境界がお分かりになるでしょうか。洗車などで付いた傷を研磨で消し、光沢を出していきます。コーティングをする前に、しっかりとした下地を作る事が大切です。

IMG_1058

ルーフ。右側が研磨後です。

IMG_1057

このお車に施工する、TTグロス&グラスコートはクリア樹脂塗料を使用せず、超光沢性のガラスコートをベースに3層構造で仕上げるコーティングです。クリア樹脂塗料を使用したTTクリアの深い艶に対し、こちらはすっきりとした艶に仕上がります。
研磨完了し、脱脂洗車後コーティング作業完成いたしました。

バンパーに擦り傷があります。この様な深い傷はそのまま残ってしまいます。バンパーは擦っても大丈夫な様についているものです!これも正しい使い方だと思います。

DSC_1378

DSC_1349

DSC_1350

DSC_1352

DSC_1346

テールレンズも艶々になりました。

DSC_1375

作業前

DSC_1326 (1)

作業後

DSC_1360

作業前

DSC_1327

作業後

DSC_1361

作業前

DSC_1328

作業後

DSC_1363

作業前

DSC_1329

作業後

DSC_1365

作業前

DSC_1330

作業後

DSC_1372

作業前

DSC_1331

作業後

DSC_1373

ドアミラーも綺麗に。

DSC_1383

カルロスゴーンさんが来て、デザイン一新された頃の日産車。リヤピラーの窓の処理が秀逸です。

DSC_1385

お引取りにいらしたオーナー様。車をご覧になり、「おー!綺麗になったねかー!」とご満足のご様子でした。ここ数年、艶がイマイチとお考えだったようですので、ご満足いただけて、私達も嬉しいです!

DSC_1400

この度は数ある施工店の中から、当店をお選びいただき、誠にありがとうございます!

DSC_1404

2013年03月26日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: