オンラインショップ

トヨタ ヴェルファイア 研磨無し+TTクリアコート+ホイールコーティング

トヨタ ヴェルファイア 研磨無し+TTクリアコート+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。新車をご購入され、納車をお待ちの間にコーティングのご相談をいただきました。以前のお車は、あまり手をかけてあげられなかったので、今度のお車は長く綺麗に乗りたいとのことでした。ご要望にお応えできるよう、心を込めて作業させていただきます!

image1

新車とはいえ、様々な汚れが付着しております。それらをコーティングで封じ込めてしまわないよう、徹底的な下地処理洗車を行います。

メッキグリル部分にに付着した水ジミ。一見汚れていないようにも見えますが…。

洗浄前。

DSC_4857

汚れを除去すると、違いが分かります。透明感のある輝きになります。

洗浄後。

DSC_4868

ボンネット。水ジミが洗剤と反応して、白く浮かび上がっております。

反応中。

DSC_4859

反応した水ジミを、塗装面に傷を付けないように注意しながら、マイクロファイバークロスで優しく除去いたします。

洗浄後。

DSC_4867

ルーフ部分には多くの水ジミが見られました。この様な水ジミは、雨ではなく、洗車の際の水道水が乾いたものがほとんどです。背の高い車ですので、新車納車前の洗車でも、拭き残しが相当あったのかもしれません。

反応中。

DSC_4863

洗浄後。

DSC_4866

ドア開口部やドアヒンジ部なども洗浄いたします。ガソリンスタンドの洗車などでは、ここは洗わずに水分をタオルで拭くだけ。などという場合がございますが、汚れの砂などを引きずって、拭き傷だらけになってしまいます。室内でもなく、外装でもない。難しい部分ですが、TTクリアコート、グロスアーマー施工の場合は、こちらも綺麗に洗浄いたします。

DSC_4861

下地処理洗車の次は、ホイールコーティングを施工いたします。しっかりとホイールを洗浄し、完全に水気を除去した後、ベースコートに耐久性の高いガラスコーティング。トップコートに高純度フッ素を施工いたします。ベースコートは2種類のコーティングと、スプレーガンによる吹き付けと手塗りの2種類の施工方法を、形状や表面の材質に合わせて使い分けて施工いたします。

DSC_4898

次は塗装面に3工程のTTクリアコートを施工してまいります。1工程目は、本物の塗料を使用したTTクリア樹脂を塗りこみます。これにより、独特の濡れた様な深い艶が出ると共に、浅い洗車傷は埋まって目立たなくなります。

極浅い洗車傷が見られます。

施工前。

DSC_4905

見えなくなりました。

施工後。

DSC_4907

施工前。

DSC_4908

施工後。

DSC_4911

TTクリア樹脂の塗り込み後、ガラスコーティングとフッ素配合の皮膜を重ねて、さらに艶と防汚性を上げていきます。

全ての作業が完了いたしました。表面に光の膜が張ったような、反射率の高いグロスアーマーの艶に対して、TTクリアコートは、光りを吸収し沈み込む様な、しっとりとした艶に仕上がります。新型ヴェルファイア、かっこ良いです^^

image7

image8

DSC_4947

DSC_4959

お車をご覧になったオーナー様、「すごい艶ですね!」と大変驚かれ、洗車方法も大変熱心に聞いてくださいました。ご自身ではまだ一度も洗車していないそうなのですが、オーナー様の手に渡る前に、すでに付いてしまっていた洗車傷を実際にご確認いただいており、「これからは教えていただいた洗車方法で洗車を頑張ります!」とおっしゃってくださいました。トヨタのカラー№202というこちらの色は、プロでも綺麗に仕上げるのが難しいと言われているカラーです。洗車傷も大変に目立ちやすい色ですが、「漆」を表現したという、とても美しい色です。普段は力を入れない優しい洗車方法で洗車していただき、それでも付いてしまう極浅い洗車傷が気になってきましたら、TTクリア補充メンテナンスで目立たなくする事が可能です。気になることがございましたら、お気軽にご相談くださいませ!

DSC_4954

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひいつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2015年09月18日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: