オンラインショップ

マツダ アテンザワゴン ビューティフルコート+全面ガラス撥水コーティング+ホイールコーティング

マツダ アテンザワゴン ビューティフルコート+全面ガラス撥水コーティング+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。納車になったばかりのお車です。

DSC_4390

お車を徹底的に綺麗にする事ができる、カーディテイリング専門店のクオリティーを、お手頃価格でご体感していただく為に開発いたしましたビューティフルコートです。お手頃価格といえども、基本どおり徹底的な洗浄から行います。汚れの上からコーティングしてしまうと、汚れを封じ込めてしまいますので、とても大切な作業となります。

塗装面以外の部分も専門店ならではの技術で、しっかりと綺麗にいたします。無塗装の樹脂部についた水ジミです。コンパウンドなどで擦ることもできませんので、簡単に除去する事ができません。ディーラーやガソリンスタンドでこの汚れを落としてくれる所があれば、かなり知識の豊富なお店だと思います。

洗浄前。

DSC_4392

洗浄後。

DSC_4393

フロントグリルも水ジミが沢山です。水ジミは洗車の際の水道水が乾いたものが殆どですので、新車であっても納車前の洗車により、この様にシミが付いてしまっております。

洗浄前。

DSC_4395

洗浄後。

DSC_4397

金属メッキ部分も綺麗にします。

洗浄前。

DSC_4394

洗浄後。

DSC_4396

全体の洗浄が完了後、窓ガラスの撥水コーティングを行います。こちらもコーティング前の下地処理が大切です。真ん中から左側は水を弾いており、右側は全く弾かずに、水が一面にべったりと張り付いている状態です。右側が下地処理後です。左側はガラスに付いた汚れの為に撥水状態になってしまっています。この様に、ガラス表面を綺麗にした後に、プロ用のフッ素系の窓ガラス用撥水コーティングを施工いたします。

DSC_4401

次にホイールコーティングです。こちらも綺麗に洗浄した後にコーティングを施工いたします。細かい部分はスプレーガンで隅々まで施工いたします。

DSC_4405

他の部分は、先程のコーティングよりも厚い皮膜をつくるコーティングを施工いたします。こちらは手塗り用となっております。さらにこの後、高純度フッ素のトップコートを施工し完成となります。過酷な環境に置かれるホイールは、コーティングの効果が感じられない。というお話を聞くこともございます。実は当店も最初はホイールコーティングの効果に懐疑的でございました。しかし、当時考えられる中で最高のホイールコーティングを、お客様のホイールに実際に施工を行い、ご意見を伺ったところ、「ホイールダストが全く付かない訳ではないが、とても洗いやすくて良い」というご意見を多くいただき、導入し今に至ります。その後もテストを繰り返し、現在は形状や表面の塗装状態により、ベースのコートは2種類を使い分け、さらに大変高価な高純度フッ素コーティングをトップコートとしております。当店でご提供しているコーティングが、常に最善であるよう、これからも努力を続けて参ります。

DSC_4407

ボディーには、ガラス系とフッ素系、2工程のビューティフルコートを施工し、全ての作業が完了いたしました。

DSC_4409

DSC_4411

お車をご覧になったオーナー様「艶が上がりましたね」と大変喜んでくださいました。お引渡しの際には、実際に洗車をしながら、洗車方法をお伝えしているのですが、大変熱心に聞いてくださいました。これから正しい洗車でこの美しさを維持され、しばらくしたら、研磨とグロスアーマーなどで、さらに美しくしてみたいとの事でした。新車の状態が一番綺麗で当たり前。と思われておりますが、美しさには新車以上の美しさもございます。

DSC_4410

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひ、いつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2015年09月03日