オンラインショップ

トヨタ ランドクルーザープラド 研磨無し+TTクリアコート+ホイールコーティング

トヨタ ランドクルーザープラド 研磨無し+TTクリアコート+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。

image

まずは徹底的な下地処理洗浄から始めます。

バックドア、ナンバープレートの下。拭き残った水滴の跡がそのままに水ジミになっておりました。

洗浄前。

DSC_3874 (1)

最適な洗剤とマイクロファイバークロスで、傷を付ける事無く除去いたします。

洗浄後。

DSC_3877 (1)

ドアヒンジ、こちらも水ジミが付着しております。

洗浄前。

DSC_3897

当店では、純水を使用しておりますので、乾いても水ジミになることはございません。

洗浄後。

DSC_3901

洗浄前。

DSC_3865

しっかりと汚れを落としたあと、ガラスとフッ素の2層のコーティングを施工いたします。装着状態のホイールは、表のみの施工で承りますが、スプレーガンを使用し、可能な限り隅々まで施工いたします。

DSC_3885

コーティング完了。

DSC_3894

下地処理洗車により、塗装面の汚れや異物をしっかりと取り除いた後、TTクリアコートを施工いたします。

ボンネットに見える薄い洗車傷。

TTクリアコート施工前。

DSC_3911

TTクリアコートの施工は、本物の塗料を使用したクリア樹脂を塗り込みますので、ごく浅い洗車傷であれば、研磨をせずとも目立たなくすることができます。

施工後。

DSC_3913

コーティングをムラなく仕上げる時も、マイクロファイバークロスで、細心の注意を払いながら、優しく作業いたします。このマイクロファイバークロスは表と裏で毛足の長さが違います。コーティングが多めに付いていて塗り伸ばす時には、毛羽立ちの少ない毛足の短い面で作業をします。クロスの縁の部分は、塗装面に強く当たると傷の原因になるので、当てないように工夫しております。

DSC_3936

TTクリアコート施工完了。

DSC_3938

TTクリア特有の濡れた様な深みのある艶です。

DSC_3947

こちらのボディーカラーは、色を表すカラーナンバーで202と呼ばれていて、インターネットで検索すると、プロでも綺麗にするのが難しいと評判のカラーです。ですが、トヨタの202ブラックは新車特有の曇りが少なく、こちらのお車は、新車で洗車傷が非常に少ない状態でしたので研磨をしなくとも美しい仕上がりとなりました。

DSC_3963

DSC_3968

お車をご覧になったオーナー様、「綺麗になりましたね。ピカピカだ!」と仰っていただきました。

DSC_3966

「ホイールも綺麗になったね」と、こだわりのホイールの仕上がりにもご満足いただけた様で何よりでございます。

今後のお手入れ方法も大変熱心に聞いてくださり、洗車や拭きあげも水道水を乾かしてシミにならないように注意をしたり、傷を増やさない様に力加減に注意したいとのことです。それでも着いてしまった水ジミや落ちない汚れは無理せず、お気軽にご相談くださいませ。洗車傷もごく浅いものでしたら、TTクリアコートの補充メンテナンスで目立たなくする事も可能です。今後も美しい状態を維持できるように全力でサポートさせていただきます!

DSC_3970

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひいつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2015年08月22日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: