オンラインショップ

トヨタ ランドクルーザー プラド スタンダード研磨+オリジナル樹脂コート

トヨタ ランドクルーザー プラド。スタンダード研磨+オリジナル樹脂コートでご入庫いただきました。洗車傷を付けない様、大切に維持されていたのに、板金塗装をしたところ、全体が洗車傷だらけになってしまったとの事です。

自動車業界のプロでも、車に洗車傷はついて当たり前。残念ながらそう思っている方が殆どなのが現実です。オーナー様にご満足いただけるよう、頑張って作業して参ります!

DSC_1101

水平基調で落ち着いたデザインですが、ツートンカラーで華やかな感じです。

DSC_1164

ウッドステアリングが良い感じ。

DSC_1167

メーターも落ち着いたデザインでありながら、青が効いています。

DSC_1168

DSC_1170

276馬力、38.8kgmを発生するV6、4リットルエンジン。

DSC_1163

それでは洗車を開始いたします。

オーナー様は、 洗車傷を付けないように、水をかけるだけで、スポンジでの洗車は殆どしていないとの事です。その為、汚れの付着が多く、普段あまり使わないトラップ粘土も使用いたしました。

DSC_1105

沢山の付着物が取れました。粘土を使用すると、傷は避けられませんので、当店では研磨前提での使用としております。粘土の使い方によっても傷の付き方は違ってきます。

DSC_1108

洗車、各部洗浄が完了いたしまして、研磨作業に入ります。徹底的な洗浄を終え、一見綺麗に見えるのですが…。

DSC_1125

殆ど洗車傷が無かったのに、板金修理から戻ってきたら、これだけの傷が付いていたとの事です。洗車とは、塗装面を擦る行為ですので、傷が皆無という訳にはいきませんが、正しい洗車をすれば、一度の洗車でこんなに多く、深い傷を入れてしまうという事は決してありません。

また、丸い水ジミも多く見られます。水を流すだけの洗車をされていたのが原因と考えられます。ミネラル分を含む水道水は一度蒸発している雨水と比べ、非常に水ジミを作りやすいですのでご注意くださいませ。洗車後塗装面に水道水を残さないように、よく拭き取る事が必要です。当店では、水道水を処理した純水を使用しております。純水の場合は、乾燥させても水ジミの発生はございません。

研磨前。

DSC_1128

研磨後。

DSC_1130

拡大写真。洗車傷と、各種洗剤でも落ちなかった水ジミが確認できます。

研磨前。

DSC_1124

研磨後。

DSC_1151

ボンネットはすっかり綺麗になりました^^

DSC_1150

ドアにも洗車傷。トラップ粘土による傷よりも、洗車傷の方が断然目立ちます。間違った洗車をすると、たった1回の洗車でもこれだけの傷をつけてしまうのですね…。

研磨前。

DSC_1135

研磨後。

DSC_1137

そして板金塗装をした部分です。オーナー様はこちらの仕上がりも大変気になさっておりました。

DSC_1118

板金塗装の後、表面を整える為研磨いたします。その研磨の跡がくっきりと見えています。一般的な研磨では、この様な仕上がりとなります。これでもピカピカに磨いた。と表現される訳です。ですから、他の場所の洗車傷は、「こんなのは傷ではない。」となってしまうのですね。

DSC_1117

当店の照明下では、くっきりと研磨跡が見えてしまいます。蛍光灯などの下ではあまりわからないのですが、西日や、水銀灯の下ではとても目立ってしまいます。

DSC_1119

こういった研磨跡も、仕方ないと思われているものですが、実はしっかりと研磨できるのです。

研磨前。

DSC_1121

研磨後。

DSC_1138

通常は研磨跡を目立たなくする為に、一時的に研磨跡を埋めてしまうワックスの様な物を使ったりするのですが、その場合、しばらくすると研磨跡が出てきてしまいます。また、研磨に使うコンパウンドの潤滑成分が、結果的に研磨跡を埋め、見えなくしてしまう場合もあります。

当店では、厳選した照明の下、研磨跡をできるだけ隠さないコンパウンドを使用し、実際に素の塗装面の状態を目で確認しながら仕上げて参ります。

DSC_1143

研磨完了いたしました。

DSC_1154

2層のオリジナル樹脂コートを施工いたしまして、全ての作業完了いたしました!

DSC_1173

DSC_1175

DSC_1174

DSC_1162

DSC_1155

DSC_1157

気になさっていたテールレンズもピカピカになりました。細かな部分まで精密に仕上げるには、大変な時間がかかります。

DSC_1159

お車をご覧になったオーナー様、美しくよみがえった愛車を、大変嬉しそうにご覧になっておられました。「良い仕事しますね。」と大変ありがたいお言葉をいただきました。ご満足いただけて何よりでございます。

かなり汚れの付着がありましたが、幸いに綺麗にする事ができました。「洗車傷を付けたくない。」というお気持ち、大変よく分かりますが、正しい洗車方法をいたしますと、傷を全く付けないという訳にはいきませんが、傷を少なく、浅く抑える事ができます。汚れたままにしておくよりも、長い目で見ると、塗装も良い状態で保つ事ができますので、これからは、汚れたなと思ったら、ぜひ洗車をしてあげてくださいませ。当店も洗車など、サポートをさせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_1178

2014年11月19日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: