オンラインショップ

トヨタ ハリアー 軽研磨+オリジナル樹脂コート

トヨタ ハリアー、軽研磨+オリジナル樹脂コートでご入庫いただきました。納車直後に被害事故にあってしまい、左リヤフェンダー周辺を板金塗装をされたとの事です。その仕上がりの研磨傷が酷く、がっかりしているとの事でした。お客様が保険会社にご相談された所、その部分の研磨料金は保険会社が出してくださるとの事。オーナー様のお気持ちに応えるべく、しっかりと仕上げて参ります!

DSC_0738

ステッチが入った、革の様な素材の内装。衝撃的な高級感です!

DSC_0772

ダッシュボードも同様の素材とステッチ。シートはクロスのステッチ。

DSC_0775

DSC_0779

DSC_0777

ダッシュボードの作り込みが凄いです。

DSC_0776

…凄いです。

DSC_0778

ガソリン車のこちらのお車。直4、2リットルエンジンは151馬力を発生。

DSC_0757

徹底的な洗車が完了。

DSC_0741

ボンネットの洗車傷は、新車としては、深く、そして多いです。少しでも綺麗に納車しようと研磨したのでしょう。オーロラ傷が見えます。傾向としてですが、なるべく綺麗な状態で納めようと努力されている販売会社様と、ほとんど気にしていない販売会社様があるようで、新車で納車になった段階での塗装面の状態に大きな差があります。特にデリケートなこの202ブラックでは、その差が大きく現れます。

研磨前。

DSC_0742

軽研磨でのご用命ですが、なるべく傷が目立たないように研磨いたしました。

研磨後。

DSC_0754

板金塗装をされたリヤフェンダー。研磨傷がとても目立ちます。当店の研磨、コーティングの価格を聞いて、「それなら全塗装した方が良い」と仰るお客様がいらっしゃいますが、全塗装しますと、全体がこの様な状態になってしまうのです。

また、価格も、しっかりとした施工をする工場にお願いしますと、当店の研磨とは比較にならない程高くなります。また、安く作業するとするとなると、かなり酷い仕上がりが予想されます。実際に酷い板金塗装を何度も見てきております。そして研磨すれば復元できる元々の塗装を、わざわざ塗ってしまうのは、非常に勿体無い事です。

研磨前。

DSC_0743

研磨後。

DSC_0746

全体の研磨が完了後、2層のオリジナル樹脂コートを施工いたしました。綺麗に仕上げるのが大変難しい色ですが、多めの傷も、うまく軽研磨で目立たなくする事ができました。TTクリアと比較し安価なオリジナル樹脂コートも、良い感じに仕上がり、ほっといたしました。

DSC_0760

DSC_0761

オーナー様が気になさっていた板金塗装をした部分も綺麗に仕上がりました!

DSC_0765

テールレンズ下が凄い形状です。

DSC_0763

DSC_0769

ヘッドライト下も特徴的な形状です。空力を追求しているのでしょうか?

DSC_0771

オーナー様には大変喜んでいただき、写真をネットにアップしてくださるとの事でした。せっかくの新車なのに、傷が気になっておられましたが、これからは綺麗なお車を満喫していただけると幸いでございます^^お手入れが大変難しい色ですが、当店も最大限のサポートをさせていただきます!

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_0781

2014年11月13日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: