オンラインショップ

日産 スカイライン スタンダード研磨+TTクリア5レイヤー

日産 スカイライン。1957年に初代がデビュー。「スカイライン」という名前、私は大好きです。50年以上前に名付けられたとは思えない、いつになっても素敵な名前です。こちらのお車はV36型。12代目のスカイラインとなります。北米でとても人気の出た型です。

DSC_0352

ツートンで優しい雰囲気の内装。

DSC_0419

ローレル、シーマ。そんな懐かしい日産の高級車の雰囲気をなんとなく思い起こさせます。

DSC_0415

小径でスポーティーなステアリング。

DSC_0410

クリーンで見やすいメーター。

DSC_0413

225ps、26.8kg・mを発生する、V6、2500ccのVQ25HRエンジン。VQエンジンと言えば、福島県いわき市のエンジン工場が、震災で大きな被害を受け、その後社員の皆さんの懸命な努力で、震災後2ヶ月で復旧したというエピソードが有名です。

DSC_0421

新車から5年が経過したお車です。もう一度新車の輝きを取り戻せるよう、心を込めて作業させていただきます。徹底的な洗車の後、マスキングをして研磨作業を行います。

DSC_0389

ボンネット。洗車傷が見えます。こちらのお車は「スクラッチシールド塗装」といい、メーカーの説明では、「洗車などでついた傷が、時間と共に塗装が変形し、元の形に戻り傷が消える」という塗装です。しかし実際には写真の様に、傷が付きます。また、スクラッチシールド塗装は、研磨が大変難しく、メーカーでは、研磨できないといっております。当店では付いてしまった洗車傷を問題なく研磨で除去する事が可能です。

研磨前。

DSC_0366

磨き目を残さずに傷を消し、さらに艶を最大限に引き出していきます。

研磨後。

DSC_0375

左リヤドア。

研磨前。

DSC_0383

研磨後。

DSC_0385

テールレンズ。

研磨前。

DSC_0391

レンズも傷を除去し、透明感を引き出していきます。レンズが綺麗になると、お車全体が、ぐっと新しく見えてきます。

研磨後。

DSC_0392

研磨完了後、もう一度洗車をして、コンパウンドの粉を除去します。その後、5層構造のTTクリア5レイヤーを施工して参ります。作業工程は非公開なので、ご紹介できないのですが、5層のコーティングを丁寧に重ねて施工しますので、大変時間がかかる作業となります。

5層のコーティング後、一晩硬化時間を取り、細部を仕上げて完成となります。5年経っているとは思えない、TTクリア独特の濡れた様な深い艶に仕上がりました!

DSC_0428

DSC_0429

DSC_0434

DSC_0435

DSC_0440

まさにパールホワイト。とても美しいです。

DSC_0431

DSC_0433

お車をご覧になったオーナー様より、「遠くから見ても、全然違いますね。すごく綺麗になってます。」と嬉しいお言葉を頂きました。

洗車などメンテナンスの方法や、スノーブラシの使い方など、いろいろとご質問を頂きました。今までは、たまに洗車機も使われていたとの事ですが、これからは手洗い洗車で頑張ってみるとお話されておりました。コーティングしたお車の簡単洗車、ぜひ楽しんでくださいませ。当店も、洗車など全力でサポートいたしますので、お気軽にご用命くださいませ。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_0447

2014年09月26日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: