オンラインショップ

ミニ クロスオーバー 軽研磨+TTクリア5レイヤー+ホイールコーティング

昔懐かしいデザインと、BMW譲りの高性能で大人気のミニ。ミニクロスオーバーはミニ初の5ドアハッチバック、そしてやはりミニ初の4輪駆動のSUVモデルとして2010年に登場いたしました。ミニはイギリスで生産しているのですが、クロスオーバーのみ、4輪駆動システムの関係で、BMWのXシリーズと同じオーストリアの工場で生産しているようです。日本仕様車はルーフアンテナを改造し、全高を立体駐車場に対応させているとの事。秋田の冬でも安心なミニ!大変魅力的です^^

5層構造のTTクリア5レイヤーとホイールコーティングのご用命をいただき、納車前にディーラー様より積載車で直接ご入庫いただきました。ボディーカラーは「オックスフォード・グリーン」。イギリス車といえば、この深い緑色ですね。新車以上に美しい新車となるよう、頑張って施工して参ります!

楕円をモチーフとしたデザインの内装。

DSC_5365

Dシェイプではなく、丸いステアリング。その奥にはタコメーター。ノスタルジックな感じを残しながらも、パドルシフト装備!新旧の融合が素晴らしいです。車の歴史が長い、ヨーロッパならではのセンスだと思います。

DSC_5367

スピードメーターは真ん中に特大サイズ!色々な部分が丸いです。左右のエアコン吹き出し口と合わせて見ると…ミッキー?と思ったのは、私だけでしょうか(笑)

DSC_5369

ペダルも丸。この徹底ぶりが素敵です。

DSC_5366

室内で目を引くのが、センターレール。ここには、携帯ホルダーやカップホルダーなどを取り付ける事ができるそうです。この道具感もワクワクします。サイドブレーキレバーの形も特徴的です。

DSC_5373

184馬力を発生する、 直噴の直列4気筒1.6リッターターボエンジン。ミニクロスオーバーは、ミニワン98馬力、ミニクーパー122馬力、そしてこのミニクーパーSと3種類のエンジンが搭載されています。

DSC_5375

それでは洗車開始です!

クロスオーバー 入庫

ホイールコーティングのご用命をいただいておりますので、念入りにホイールを洗浄いたします。お車についた状態ですので、表側のみの施工となりますが、裏側も手が届く限り作業いたします。

純正ホイールにスタッドレスタイヤを組み込んだ際、ホイールバランスを取り直したと思われますが、剥がしたバランスウェイトの両面テープが残っています。重りを剥いだときに、ちゃんと取ってくれれば良いと思うのですが…殆どの場合、そこまでやっている時間が無いようで、糊は残ったままなのが現状です。当店も糊落としの時間は料金に入っていないのですが…見逃す訳にはいきません。

あまりこういう事は書かないようにしているのですが、新車時にオプションで施工された下回りの防錆塗装のはみ出しや、板金修理後の手直しなど、他の業者様の手直しに相当な時間がかかる事が多々あります。それらの業者様に料金を請求したいと思うくらいです。業者様といっても、怪しい業者ではなく、ディーラー様でも同じことです。何故車業界はこんなにもいい加減がまかりとおっているのか。本当に残念に思うと共に、だからこそ当店はお客様を裏切らない仕事をしたい。と毎回心に誓っております。

洗浄前。

DSC_5273

まだ両面テープが新しく、柔らかかったので、表側からでも除去する事ができました。時間が経って硬くなると、厳しかったと思います。

洗浄後。

DSC_5274

ボディーは所々に、何か糊の様な物が付着しておりました。傷を入れないよう、最適なケミカルとマイクロファイバーで、優しく除去いたします。

洗浄前。

DSC_5286

洗浄後。

DSC_5289

テールレンズの周りのメッキ部にも、ワックスの様な物が飛び散っていました。

洗浄前。

DSC_5314

洗浄後。

DSC_5315

ドアを開けた際に見えるステップ。無塗装の艶消し樹脂部品は、研磨できませんが、汚れはしっかりと落とします。ドアの内側から垂れたグリス汚れが黄色く見えます。

洗浄前。

DSC_5279

グリス汚れの他、水ジミも除去。綺麗なりました。

洗浄後。

DSC_5298 

洗車完了し、ホイールコーティングを施工いたします。表面のみのご依頼なのですが、当店のホイールコーティングは、ガンで吹きつけるタイプですので、スポークの隙間から裏面にもできるだけ施工いたしました。

DSC_5313 (1)

マスキングをして、研磨開始です。

DSC_5319

日本までの長旅の間に、何度も洗車されるのでしょうか。全体的に外車には洗車傷が多い気がします。外車は塗装が硬いので、正しい洗車をすれば、こんなに傷は入らないはずなのですが…。

研磨前。

DSC_5332

研磨で傷を除去し、表面を整えます。

研磨後。

DSC_5338

当店の厳選された照明の下では、あらゆる傷が浮かび上がってきます。写真では少しの傷に見えますが、実際にはうっすらとした傷がたくさんある状態です。

研磨前。

DSC_5329

研磨後。

DSC_5344

ピアノブラック塗装のピラー。黒は傷が目立ちやすい上に、柔らかい樹脂でできていて、大変傷が入りやすい箇所です。

研磨前。

DSC_5339

白いモヤモヤとした洗車傷が消えました。

研磨後。

DSC_5341

研磨完了です。この後、洗車をして、コンパウンドの粉を洗い流し、5層構造のTTクリア5レイヤーでさらに艶を引き上げて参ります。

DSC_5345

洗車後、5層のコーティングを施工いたします。作業工程は非公開なのでお見せできないのですが、1層1層施工方法も違い、時間をかけて施工いたします。研磨後の艶が、さらに濡れた様に深くなり、それでいてカッチリとした硬質の輝きも合わせ持つ、素晴らしい艶へと変化していきます。TTクリア5レイヤー、完成いたしました!

DSC_5362

DSC_5363

オックスフォードグリーンの魅力がさらに引き立ちます。

DSC_5379

新車だから到達できる美しさを目指し、細部まできっちりとした仕上げを心がけております。

DSC_5378

ソリッドホワイトのルーフは、ゆでたまごの様な、プルプルの仕上がり。

DSC_5355

テールレンズも研磨後、コーティングいたしますので、キラキラです。

DSC_5386

DSC_5382 

ディーラー様でお車をお引取りになった後、そのまま当店にご来店くださったオーナー様。洗車の仕方なども熱心に聞いてくださり、ご満足いただけた様で何よりでございました。

思い入れが詰まった愛車をできるだけ楽に、綺麗に維持できますよう、サポートさせていただきますので、洗車やメンテナンスなど、お気軽にご依頼くださいませ。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_5380

2014年03月13日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: