オンラインショップ

フィアット 500 スタンダード研磨+TTクリアファイナライズ

フィアット 500(チンクチェント)。1957年~1977年まで製造された2代目500が、映画、「ルパン三世 カリオストロの城」やディズニーの「カーズ」などに出ていました。その2代目をモチーフにして2007年に登場したのが、この3代目フィアット500です。

黄色のボディーカラーのチンクが欲しくて、新車では設定が無かったので、わざわざ中古で購入されたというオーナー様。車齢が5年となり、大分汚れてしまったので、もう一度ピカピカにして大事に乗りたいとのご用命です。春にホイールコーティングは先行で施工させていただいていました。ホイールコーティングの効果を確認しつつ、頑張って作業して参ります!

カジュアルな内装。

DSC_4050

開放的な室内。シートの柄もお洒落です。

DSC_4063

ボディー色のアクセントが目を引きます。

DSC_4053

スポーティーなステアリング。

DSC_4054

スピードメーターだけに見えて、しっかり中にタコメーターが付いています。

DSC_4056

乗っているだけでウキウキしてきますね。

DSC_4057

デュアロジックというクラッチレスのマニュアルミッション。動かし方が分からず、オーナー様に教えていただきました^^;

DSC_4055

現行では69馬力と85馬力のエンジンですが、このお車は1400cc DOHC16バルブの100馬力仕様!かなり速いらしいです。

DSC_4066

洗車開始です!

DSC_3994

オーナー様お困りのブレーキダスト。

DSC_3999

春にホイールコーティングを施工済みでしたので、簡単にピカピカになりました。

DSC_4000

あまり洗車できなかったそうで、ライトの下に黒い筋が出ています。

DSC_3998

まずは洗車でできるだけ綺麗にします。

DSC_4006

洗剤でどうしても落ちない付着物は、粘土を使ってしっかりと除去。汚れや異物が残ったまま研磨すると、かえって傷をつけてしまう事に繋がります。

DSC_4001

1日かけて隅々まで洗いました。すでにかなりスッキリ感が出ています。

DSC_4004

マスキングをして研磨開始です!

DSC_4007

ボンネット。一見綺麗に見えても、当店の照明の下では、洗車傷がくっきりと出てきます。

研磨前。

DSC_4010

研磨後。

DSC_4014

ルーフ。ボンネットとは傷の入り方が違います。ボンネットは洗車傷。ルーフはスノーブラシの傷でしょうか?

研磨前。

DSC_4016

手前が研磨後。奥は研磨前です。

DSC_4018

トランクリッド上部。こういった細かい所も研磨していきます。

研磨前。

DSC_4019

研磨後。

DSC_4020

板金塗装をしたばかりの箇所です。これは板金屋さんが磨いた跡。磨き傷です。

研磨前。

DSC_4021

研磨後。磨きのプロショップですから、磨き傷は残しません。

DSC_4023

テールランプも研磨できます。

研磨前。

DSC_4024

研磨後。

DSC_4026

研磨完了です。ピカピカになりました。美しいコーティングをする為には、コーティング前に、しっかりと下地を作る事が大事であり、その作業が非常に手間と技術を要するのです。

DSC_4027

研磨後、コンパウンドを綺麗に洗い流してから、5層のコーティングを施し、TTクリアファイナライズ、完成いたしました!作業工程は非公開なのですが、1層1層しっかりと施工しますので、非常に時間がかかる作業です。その分、仕上がりの艶と保護効果は素晴らしい物があります。

DSC_4033

DSC_4035

DSC_4037

DSC_4039

DSC_4040

DSC_4028

お車をご覧になったオーナー様、「凄いピカピカですね!買った時より全然綺麗!」と大変喜んでくださいました。「嬉しい」と呟きながら、お車をご覧になっているお姿を見て、私も嬉しくなりました。5年経ってピカピカに復活したお車。これからさらに愛着を持ってお乗りになっていただけますね^^。なかなか洗車ができない環境との事ですので、当店がしっかりサポートさせていただきます。汚れたなと思ったら早めに洗車をご依頼くださいませ。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_4046

2013年11月26日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: