オンラインショップ

ビューティフルカーズオリジナル 洗車用純水器(2代目)イオン交換樹脂の詰め替え方法

ビューティフルカーズオリジナル洗車用純水器(2代目)のイオン交換樹脂の詰め替え方法をご紹介いたします。

純水を出している状態でTDSモニターの数値が0ppm以外の数値を表示するようになったら、純水ではなく、乾燥させるとシミができてしまう水が出ています。速やかにイオン交換樹脂を詰め替えされることをお勧めいたします。交換しない場合、この後急速に数値が上がっていきます。

詰め替え用イオン交換樹脂セットを用意いたします。イオン交換樹脂5リットルが2袋と土のう袋がセットになっております。

ヘッド部を反時計回りに回して取り外します。(※こちらの純水器は試作品のため、外装フィルムがフィットしておりませんが、製品版は改善されております)

詰め替え用イオン交換樹脂セットに付属している土のう袋を利用して、抜き取った集水菅についたイオン交換樹脂を洗い流してください。

このOリングは再使用いたしますので、紛失しないようにしてください。

全部出てこない時は、もう一度水道水をいれて撹拌し、イオン交換樹脂を全て取り除いてください。2人で行い、1人が土のう袋を広げておくとスムーズに行うことができます。

1人で行う場合は、このような土のう充填用スタンドを使いますと非常に便利です。

ちなみにこちらは、萩原工業株式会社の「たつ~る」という製品です。Amazonや楽天市場などで1,300円程度で購入することができます。

このように中のイオン交換樹脂を全て取り除きます。

次に新しいイオン交換樹脂を入れていきます。袋の口をこのように14cmほどハサミで切ります。

新聞紙をこのようにジョウゴのようにすると入れやすいです。

新聞紙を差し込んでいると、最後まで入りませんので、最後は手で切り口を抑えて、こぼさないように入れます。時々容器を揺すって中のイオン交換樹脂を均しながら入れていきます。

2袋全て入ります。こぼれたイオン交換樹脂はビーズのように丸く、歩く際に滑る危険もありますので、キレイに掃除してください。

注意!絶対にこのまま集水管を差し込まないでください。力を入れて差し込むと先端が破損しますので、絶対に無理に差し込まないでください。

このようにネジ部に付いたイオン交換樹脂は洗い流してください。

そのまま中に水道水を入れていきます。

中のイオン交換樹脂が浸るくらいまで水を入れます。(この写真は少し入れすぎました。問題はないのですが、この後少し水がこぼれました)

ゆっくりと集水管を入れていきます。入りにくい時は無理に押し込まずに、集水管を揺らしながら、軽い力で入れていきます。

集水管の先端はデリケートですので、ゆっくりゆっくり。力を入れずに入れていきます。

Oリングが入っていることを確認してください。

手で無理なく締められる力でじゅうぶんですので締めこみます。

手提げベルトを取り付けます。

これで使用できます!水ジミ(イオンデポジット、ウォータースポット)の悩みから開放された、楽で自由な洗車で、「美しいクルマと暮らす。」素敵な毎日をお送りくださいませ!

付属のストレーナ付きホースコネクターは、時々このようにストレーナを外し、異物がある場合は除去してください。

 

2019年07月11日