オンラインショップ

【本日の施工】ホイールコーティング、グロスアーマー

タイヤを履き替える季節になってきましたね。おかげさまでホイールコーティングのご用命をたくさんいただいております。お車からタイヤを取り外した状態であれば、ホイールの裏面もしっかり洗浄しコーティングすることができますので、タイヤ交換のタイミングでホイールコーティングをしていただくのがお勧めです。

スタッドレスタイヤに交換され、取り外した夏タイヤをお持込いただきましたので、ホイール洗浄とコーティングをさせていただきました。

洗浄前の様子です。

image

洗浄後です。汚れが酷いからといって強い洗剤を使ってしまうと素材を傷める危険性がありますので、使用する洗剤を選びながら慎重に洗浄いたしました。

img_5802

洗浄前。洗いにくい隙間にはどうしても汚れが溜まってしまいます。

img_5800

洗浄後。細部まで丁寧に綺麗にいたします。

img_5803

洗浄前の裏面の様子です。ブレーキダストによる黄ばみ、タールピッチなど色々な汚れでドロドロです。

img_5801

洗浄後です。汚れに応じて複数の洗剤を使い綺麗にいたしました。

img_5804

可能な範囲で、細部まできれいにしております。

img_5805-1

コーティングはスプレーガンで行いますので、細かいところまでしっかりとコーティングできます。

dsc_5860

ピカピカになった4本のホイール。見ているととても気持ちが良いです。これで安心して春を迎えられますね!

img_58091

まだ冬は始まったばかりですが…笑

img_5808

引き続き、社長の村上です。

コーティングブースでは、軽研磨+グロスアーマー+フロントガラス撥水コーティングでご入庫いただいております、スマート フォーフォーの研磨作業を行いました。

新車から2ヶ月程のお車なのですが、色々なところに、このような跡があります。この原因は想像できます。その原因が正しければ、ディーラーや整備工場で誤って付けてしまったシミということです。

dsc_5842

シミを消そうと磨いたのでしょうか。ポリッシャーで研磨した際の研磨粒子の跡が、規則的な細かい傷となって、モヤモヤと浮かび上がっています。こちらのオーナー様は、なんと青森県からご来店くださいました。青森でもやはり、このようなことが行われているんですね。

dsc_5844

このシミは熱で消える場合もあり、逆にむやみに磨いても消えないこともあります。こちらのお車は、ボンネットやフロントフェンダーが樹脂パーツですので、あまり熱をかけることもできません。慎重にシミを除去いたしました。

dsc_5847

もちろん、研磨の跡も、当店で研磨しなおせば、このとおり綺麗になくなります。

dsc_5845

黒、白、青。色々な色がありますが、どの色も美しく磨きあげます!

dsc_5855

簡単と思われがちな白が、意外と難しいんです。ゆでたまごのようなイメージに、プルンと磨きあげていきます。パネルの境目までしっかりと綺麗に。

dsc_5852

新車を私達プロがきっちりと磨き上げることにより、このように、本来の美しさが引き出されていきます。

dsc_5849

明日も残り少しの研磨をして、その後コーティングへと進めてまいります!

本日もたくさんのご来店誠にありがとうございました。

2016年11月09日