オンラインショップ

トヨタ プリウスα TTクリアファイナライズ(新車)

トヨタ プリウスα。プリウスの派生車種として、2011年に誕生しました。7人乗りと、5人乗りがあり、どちらも燃費はカタログ値で26.2Km/L。広い室内でこの燃費。素晴らしいです^^
7人乗りは、リチウムイオンバッテリーがセンターコンソール内に。5人乗りはニッケル水素バッテリーがラゲッジルーム下に入っています。タイプに合わせ、電池の種類や場所が違うのですね。

燃費を良くするため、軽量化に力を入れただろうと想像できる内装。しかしチープにならない所が、さすがのトヨタ!

DSC_1558

プリウスの特徴の一つ、楕円ステアリング。未来感があります。大柄な方でも乗り降りしやすいという利点もあります。

DSC_1559

楕円ステアリングの一番の理由は、センターメーターの視認性をよくする為だそうです。確かに邪魔になりません^^

DSC_1564

小さいスイッチと化したシフトレバー。パーキングは、レバー上のスイッチを押します。

DSC_1560

こちらのお車は、1月に買ったばかりの新車です。オーナ様は初めての新車ご購入との事です。今まではあまり洗車に気を使っていなかったのですが、このお車は大切にされたいとの事で、TTクリアファイナライズのご用命をいただきました。ご予約いただいた際、すでに二度ほど洗車機に入れてしまったとおっしゃっていました。洗車機も改良され、傷が付きにくくなったと言われていますが、泥まみれのお車の洗車後であれば、泥がついたままのブラシで洗車されてしまうわけですから、相当の傷が入る物と思われます。さて、ボディーの状態はいかがでしょうか?

ご予約を頂いた際、洗車機は入れないほうが良いとお話したところ、なかなか洗車の機会が無く、結局洗わなかったとの事。洗いがいがあります!頑張って綺麗にしていきます。

DSC_1489

まずはボンネットを洗って、状態を確認してみます。

DSC_1491

かなり深い傷が全面に入っています。ちなみに太陽光の下では…

DSC_1494

ボンネットの助手席側に見える白いモヤモヤ…拡大してみると、

DSC_1498

見る角度によって、オーロラの様にユラユラと揺れて見える事から、「オーロラ傷」と呼ばれます。オーロラ傷は、普通のシングルポリッシャーで濃色車を磨くと入ってしまう物で、コンパウンドの粒子が、塗装を削った跡です。オーナ様に、以前どこかで磨かれたか伺った所、納車の際に、ディーラーの方が、「ボンネット、ピカピカに磨いておきましたから!」と言っていたとの事…^^;
その他、横向きに入った深い傷が目立ちます。洗車機であれば、前後方向になるはずです。スノーブラシの傷でしょうか?それとも買ったときから入っていたのか?確実な原因は不明ですが、3ヶ月目の新車としては、勿体無いほどの傷が付いてしまっています。もう一度新車にリセットできるよう、頑張って作業して参ります!

ドアを開けた際の隙間も洗浄。こちらはテールゲートの隅。新車はグリスや機械油などの油分が多く、この写真の様に、かなり汚れてしまっています。

DSC_1499

洗浄後。綺麗になりました。

DSC_1505

徹底的な洗車の後、研磨作業に入ります。かなり深い傷が全体についています。傷の深さ以上に削り過ぎない、マスタライズ研磨技法を使い、優しく研磨していきますが、それにしても傷が深く、かなりの研磨が必要になる部分があります。せっかくの新車の塗装を削りすぎず、今後の再研磨の可能性も考えて、新車らしいすっきりとした黒に近づけるように、バランスを考えながら研磨していきます。

研磨後のボンネットです。この様にオーロラ傷などを出さずに研磨いたします。

DSC_1511

運転席側のドアです。右側の運転席ドアが研磨後、左側の後部ドアが研磨前です。

IMG_1164

傷が酷かった部分の一つ。テールゲートのプラスチック製のフィニッシャーです。左側が研磨前、右側が研磨後です。

DSC_1517

研磨後は、4種類のコーティング剤を、5層に重ねていきます。研磨前と、研磨、コーティング施工後の比較画像です。

施工前

DSC_1520

施工後

DSC_1527

施工前

DSC_1509

 

施工後

DSC_1528

TTクリアファイナライズ完成いたしました。新車らしいすっきりとした艶に仕上がりました。

DSC_1553

DSC_1546

DSC_1554

DSC_1557

DSC_1531

お引取りにいらしたオーナー様から、「ブログで皆さんが綺麗という理由がわかりました。本当に綺麗です」とありがたいお言葉をいただきました。ご満足いただけてホッといたしました。当店のステッカーも大きい物をお選びいただきました。ありがとうございます!

洗車方法も実際に車を洗いながらご説明させていただきました。黒は綺麗に維持するのが難しい色です。洗車すれば小傷がつくのは仕方ないですが、できるだけ浅い傷に留めるのが、綺麗に保つコツです。コーティングを施し、洗車は楽になっております。当店もサポートさせていただきますので、いつまでもピカピカの愛車をお楽しみください!

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_1573

 

2013年04月10日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: