オンラインショップ

洗車傷を付けない正しい洗車

毎月第1・第3日曜日は洗車DAYです。
作業場を空け、洗車などの軽作業や、塗装診断、お見積もりなどをお受付いたします。

第1回目の本日、沢山のお客様にご来店いただきました。誠にありがとうございます。
本日は、まだ当店で磨きやコーティングをされていなお客様がご来店くださいました。当店の作業場の照明の下でお車をご覧になり、皆様「こんなに洗車傷があったの?」と驚かれていました。真夏の西日や、夜の水銀灯の下などで目立つ事がありますが、普段あまり気にされないかもしれません。
しかし、その細かい洗車傷によって、色が白っぽくなるのが、「白ボケ」と呼ばれる症状です。その上から艶出しを塗ると、一見艶は出るのですが、塗装本来の艶ではない為、メタリックやパールが目立たなくなったり、ソリッドであっても、透明感、深みがあまり無い艶になってしまいます。

こちらはアルファロメオGTV。ルーフの艶引けでご来店いただきました。

DSC_1597 (1)

表面のクリア樹脂が劣化し、ひび割れてしまっている為、一部磨かせていただきましたが、若干艶は出るものの、修正はできませんでした。塗装される事をお勧めいたしました。お役に立てず、申し訳ありませんでした。ラリーのお話、沢山聞かせていただき楽しかったです。ルーフの修理が終わりましたら、ぜひTTクリアコートもご検討くださいませ^^

DSC_1598 (1)

お客様がお帰りになった後、当店の代車と、私の車も洗車しました。この車は新車購入から2年半が経過で屋外保管。昨年10月にTTクリアコートをした車ですが、当店の照明下でも目立った傷はほとんど確認できません。(但し、車体色が黒などの濃色であれば、もう少し傷は目立つと思います。)コーティング後、正しい洗車をされれば、簡単なお手入れでこの様に綺麗な状態を保つ事ができます。正しい洗車といっても、カーシャンプーを良く泡立て、スポンジに力を入れず、優しく洗う。こびりついた汚れはゴシゴ擦らず、適した洗剤を使い、溶かしたり、浮かせたりして優しく落とす。水を拭きあげる時は、傷が入りにくいクロスを利用する。といった事ぐらい。皆様も簡単でピカピカなカーライフ。ぜひお楽しみください!^^

DSC_1602 (1)

DSC_1603 (1)

DSC_1601 (1)

DSC_1599 (1)

2013年04月07日