オンラインショップ

マツダ デミオ スカイアクティブ TTクリアファイナライズ(既販車)

マツダ デミオ スカイアクティブ。
5層構造のTTクリアファイナライズのご用命をいただきました。
当店プレオープンから4台目のご入庫となりますが、なんと全て女性のお客様です。
お車のお手入れの仕方がイマイチわからない…
新車を買ったのに、どんどん小傷だらけになっていく…
そんな悩みをお持ちのお客様は、お気軽にお問合せください。

シルバーがアクセントになったシンプルな内装。

DSC_0971

ステアリングもシンプル。
マツダらしいクイックなハンドリングが、とてもスポーティーです。

DSC_0968

購入して1年のお車。
昨年の秋には数万円のコーティングをしてもらったものの、あまり変化が感じられなかったそうです。
洗車はご自身で手洗い洗車をしているとの事。
ちょうど黄砂混じりの雨が降り、汚れてしまったお車。
塗装の状態はいかがでしょうか?
写真はボンネットの右半分だけ洗った状態です。

DSC_0965-1

洗車後のボンネットです。
結構な傷が入っています。所々には深い傷も見られます。

DSC_0972

しっかりとした磨きをするには、しっかりとした洗車が重要です。
また、磨きとは直接関係ありませんが、見えないところや隅々を綺麗にすると、
お車全体が綺麗に見えるものです。

エンジンルームも綺麗に。青いエンジンカバー。センスが良いです。

DSC_0966

ホイールも裏側まで、手やブラシの届く範囲で綺麗にします。

IMG_0917

フロントのピラーにも深い傷が見られます。

DSC_0976

リヤのピラー部にも深い傷が。
オーナー様に伺うと、雪を落とすとき、スノーブラシのプラスチックの方で落としてしまった事があったそうです。

DSC_0981

マスキングを施しまして、磨きに入っていきます。
このお車はブリリアントブラックというボディー色。
メタリックなどが入っていない、純粋な黒です。
純粋な黒は、磨くのが難しい反面、磨き上げると物凄い美しさを放ちます。
頑張って磨いていきます!

DSC_0985

ソリッドの黒は、磨く事によって入る磨き傷やモヤモヤとしたバフ目が出てしまうものですが、
当店の特殊研磨技法では、研磨のみでご覧の様に仕上げる事が可能です。

DSC_0989

研磨の際に出る粉塵対策に、防塵マスクを導入しました。
より作業に集中できて良い感じです。

DSC_0999

研磨が終了し、5層のTTクリアファイナライズが終了しました。
施工後のボンネット。

DSC_1012 (1)

フロントピラー。
一部深い傷は残しています。クリア層が無くなってしまう様な磨きを、この先長くお乗りになるお車にする事は必ずしもプラスとは限りません。

DSC_1022

リヤピラー。こちらもほとんどの小傷は除去しましたが、一部深い部分は残しています。
塗装が薄く、硬くなってきている最近のお車では、磨き代を意識した研磨が重要だと考えております。

DSC_1035

天気が良かったので、太陽の下でも仕上がりをチェック。
ご近所の方が、「ピカピカだね!びっくりした。新車かい?」と声を掛けてくださいました。
大分スッキリと仕上がったと思います。オーナー様が喜んでくれると良いのですが。

DSC_1037

屋内でも細かい部分やコーティングのもやりなどをチェックします。

DSC_1077

DSC_1078

DSC_1084

DSC_1074

お引取りにいらしたオーナー様。
シャッターを開けて愛車をご覧になった瞬間、
「綺麗!…ピアノみたい!」とご自身のお車にしばらく見とれてらっしゃいました。
「白っぽいモヤモヤが無くなって、ちゃんと黒くなった。黒ってやっぱり綺麗ね。」
私どももホッといたしました。ご満足いただけたようで何よりです。

「当店の代車を洗車するので、宜しければ見ていかれますか?」
とお話しすると、寒い中熱心にご覧になり、質問も沢山いただきました。
ピアノの様な深い黒を維持できるよう、私どもも全力でサポートいたします。
何かお困りごとがありましたら、いつでもお気軽にご来店くださいませ。

数ある施工店の中から、当店をお選びいただき、まことにありがとうございました!

DSC_1087

2013年03月15日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: