オンラインショップ

トヨタ ランドクルーザー プラド 軽研磨+TTクリアコート

トヨタ ランドクルーザー プラド、軽研磨+TTクリアコートのご用命でご入庫いただきました。新車納車前にご予約いただき、納車翌日のご入庫です。以前にお乗りになっていたお車も、当店でTTクリアコートを施工していただいておりました。続けてのご依頼、誠にありがとうございます。

以前のお車はホワイトパールで、洗車がとてもお上手なオーナー様ですので、洗車傷はとても少ない状態でした。必要に応じて当店のクレンジング洗車などもご利用いただき、大変美しい状態を維持されておりました。今回は黒ということで、今まで以上に洗車傷を気にされていました。この202ブラックという色は、漆の黒をイメージしたという、大変美しい色なのですが、ほんの少しの洗車傷でも目立ってしまい、とてもお手入れが難しい色でもあります。202ブラックは、新車特有の塗装のくもりもほとんど無く、状態が良ければ研磨無しでも美しく仕上がる色なのですが、今回は納車直後とはいえ洗車傷や水ジミが多く見られた為、軽研磨でそれらを完全に除去したうえでTTクリアコートを施工させていただくこととなりました。オーナー様の手に渡るまでの保管状態や洗車の仕方により、新車であっても、この様に傷やシミが付いた状態で納車されてしまうことは、残念ながら、決して珍しいことではありません。

オーナー様も、「何でこんなに傷やシミがあるのか」と仰っておりましたが、この様な実情をご説明したところ、ご納得され、完璧な仕上がりをご期待いただくこととなりました。オーナー様のご期待に沿えるよう、全力で施工させていただきます!

DSC_7432

まずは徹底的な洗車から行います。数種類の洗剤を使用し、洗車を行ってまいります。塗装面だけではなく、細部の洗浄も行います。樹脂部分や水はけが悪いところには、新車とはいえこのように濃い水ジミが見られました。これは水道水に含まれるミネラル分が固着したものです。当店はこの様なシミを防止する為に、洗車後は必ず、ミネラル分を取り除いた純水を使用して濯ぎを行っております。

洗浄前。

DSC_7461

コンパウンドなどが使えない樹脂部分ですが、専用の洗剤で溶かして優しく除去いたします。

洗浄後。

DSC_7645

ボンネット裏側。この様な部分は完璧に拭き上げるのも難しいですので、この様な水ジミは仕方ないですね。この様な状態を防ぐ為、当店では、家庭用純水器を開発いたしました。現在事前予約を承っております。詳しくはお問合せくださいませ。また、現在開店準備中の新店舗ですが、こちらは純水を使ったセルフ洗車場としてご利用いただけます。純水で洗車いたしますと、拭き上げを行えない部分でも、この様なシミになることがありません。セルフ洗車場につきましても、プレオープン期間として、正式な開店前からテスト的にご利用いただく予定ですので、お気軽にお問合せくださいませ!

洗浄前。

DSC_7465

洗浄後。

DSC_7467

洗車が完了し、研磨作業に入ります。

DSC_7469

下の写真の真ん中付近にキラキラ見えているのは、洗車傷ではなく、洗剤では除去できなかった細かな水ジミです。ボンネット以外にもルーフやフェンダーなどにも水ジミが多く見られました。水ジミは、水に含まれるカルシウムや鉄分といったミネラル分が、乾燥した際に塗装面に残って固着したものです。雨ジミと呼ばれることが多いですが、実際の所、雨は一度蒸発した水が降ってきておりますので、ほとんどミネラル分は含んでおりません。テスターで計測しますと、当店の場合、水道水は約60ppm。それに対し雨水は約1ppmです。ちなみに当店で使用していている純水は0ppmです。ほとんど純水と変わらない雨水に対し、圧倒的にミネラル分を多く含む水道水が、シミの原因であることがお分かりになるのではないでしょうか。

こちらのお車は、納車前の洗車において、水分の拭き上げが不十分であったのではないかと推察されます。軽度のシミでしたら、洗剤で溶かして除去できるのですが、今回は除去不可能でしたので、研磨によって丁寧に除去して参ります!

研磨前。

DSC_7474 (1)

研磨中。

DSC_7483 (1)

キラキラが無くなったのがお分かりいただけるでしょうか?また、この202ブラックという色は、バフ目やオーロラ傷と言われる、研磨粒子の跡も大変に目立つ色で、完全遮光した室内で、当店が使用している照明の下で完璧に仕上げるのは大変難しいのですが、当店では問題なく仕上げることが可能です。

研磨後。

DSC_7478 (1)

こちらも水ジミがキラキラと光って見えます。

研磨前。

DSC_7446

研磨後。

DSC_7536

洗車傷も全体的に多く付いておりました。いつも新車の状態は良いディーラーなのですが、今回は何かあったのでしょうか?丁寧にしっかりと研磨して参ります!

研磨前。

DSC_7526

研磨後。

DSC_7530

所々に深い傷もありました。

研磨前。

DSC_7528

研磨後。

DSC_7532

写真中央付近の白い線が深めの傷です。

研磨前。

DSC_7496 (1)

研磨後。

DSC_7501 (2)

研磨完了です。まだコーティングしていませんが、研磨完了の時点で美しく輝いております。202ブラックをこの様に磨き上げるのは、なかなか大変なことなんです^^この後、研磨の際に出た粉を純水で洗い流してから、コーティングに移ります。

DSC_7565

本物のクリア樹脂を使用した、TTクリア樹脂を特殊パッドで塗り込み、その後さらに2工程のコーティングを施し、TTクリアコート完成いたしました!磨き上げられた塗装面に、さらにTTクリア特有の濡れた様な深い艶が加わり、吸い込まれそうな美しさです。

DSC_7605

DSC_7611

DSC_7622 (1)

ウルウルでさらに沈み込む様な艶。

DSC_7626

オーナー様は完成された愛車を、当店の照明の下でじっくりと愛車をご覧になっておられました。当店は、TTクリア、グロスアーマー施工のお客様には、作業の様子をアルバムにしてご説明しているのですが、その写真を見て、「傷が消えて、綺麗になってよかったです。」と仰ってくださいました。これからは、今まで以上に気をつけて洗車されるとのことです。お手入れが難しい色ですが、綺麗にしていると、本当に美しい色です。ぜひ末長く美しい愛車をお楽しみくださいませ!通常の洗車で落ちない汚れなどがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

DSC_7640

私共は、「新車は職人が磨いて初めて完成する」と考えております。せっかくご購入された愛車の、一番美しい姿をご覧になりたい方は、ぜひ当店に、研磨、コーティングをご用命くださいませ。感動するほどの、想像を超える美しさに仕上げさせていただきます!

この度は、数ある施工店の中からお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひ、いつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2015年12月08日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: