オンラインショップ

スバル レヴォーグ 研磨無し+グロスアーマー+ホイールコーティング

スバル  レヴォーグ。研磨無し+グロスアーマー+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。以前のお車も専門店でコーティングされていたとのことですが、いまひとつご満足できなかったそうです。その際は、特にメンテナンス方法などの案内は無く、最初の頃の艶が段々無くなってきたので、ご自身でワックスをかけていたそうです。

外の明かりが入る施工環境と、当店の様に遮光された環境とでは、見える塗装面の状態が全く違います。それは結果として、仕上がりの差に繋がります。また、当店は、コーティング直後に美しいのは当たり前で、その後のメンテナンスで、美しさを維持することを重視しております。適切なメンテナンスを行わなければ、どんなコーティングも、初期の美しさを保つ事はできません。かといって、ワックスがけの様に、オーナー様にお手間をかけるのであれば、コーティングの意味が半減してしまいます。これからはご自身では簡単な洗車をしていただき、それでも落ちない汚れが付いた際には、当店のメンテナンスをご利用していただき、楽に、長く美しい愛車を楽しんでいただければ幸いです。

まずは、徹底的な下地処理洗車から行ってまいります。一般的な水垢落としでは除去できない、無塗装の樹脂パーツについた水ジミ。

洗浄前。

DSC_4994

洗浄後。

DSC_4995

この様に、ボディ全体の下地処理洗車を行います。

下地処理洗車が終わりましたら、ホイールコーティングを施工いたします。しっかりと洗浄した後、ベースコートに密着力の高いガラスコーティング、トップコートに高純度フッ素を施工いたします。スプレーガンを使用し、隅々まで施工いたします。

DSC_5010

3工程のグロスアーマーの施工が完了いたしました。スバルは欧州車に奪われたマーケットを奪回するべく、レヴォーグから塗装の仕上がりが格段に良くなりましたので、研磨無しでも、かなり綺麗に仕上がりました。発色の良いグロスアーマーで、美しい塗装が、さらに美しく仕上がりました。

DSC_5180

お車をご覧になったオーナー様、「今までワックスをかけたり、コーティングをしたりしたけど、仕上がりはビカビカ、ギラギラしていた。だけど、今回は本当のピカピカ、艶のある上品な仕上がりで、触るのも怖いくらいです」と大変ご満足されておりました。 お仕事でお忙しいというオーナー様ですが、お引渡しの際にお伝えいたしました洗車方法で、こまめに洗車してくださるそうです。取れない汚れや洗車方法でわからないことがあれば、お気軽にご相談くださいませ。

DSC_5183 (1)

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひ、いつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2015年09月23日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: