オンラインショップ

【秋田・本店】BMW 525i スタンダード研磨+コーティング(グロスアーマー)

本店です。BMW 525i スタンダード研磨+グロスアーマーのご用命でご入庫いただきました。

こちらのオーナー様は、既存のお客様からのご紹介でご来店くださいました。ご入庫いただきましたおクルマは、H20年式のBMW 525iで知人の方から譲り受けたとのことです。ご紹介くださいました既存のお客様も、BMW Z4の同じ色にお乗りになっておられ、あまりのキレイさに驚かれ「自分もやりたい!」と思ってくださりご用命いただきました。誠にありがとうございます。オーナー様のご期待通りの美しさになるよう、しっかりと施工させていただきます。

最初に通常のシャンプー洗車で、塗装面にキズを付ける原因となる、砂や泥の汚れを優しく落とします。その後、落ちずに残った汚れを、汚れに合った数種類の洗剤を使い、汚れを溶かしながら可能な限り除去してまいります。

こちらは、ボンネットにたくさん付着してしまった水ジミです。早期の水ジミはウォータースポットリムーバーで除去できますが、月日が経ってしまった水ジミは研磨で除去しなければ落とせなくなってしまいますので、水ジミが付着してしまった時は早めに除去することが肝心です。

洗浄前。

ウォータースポットリムーバーが水ジミに反応して白くなっています。

水ジミを除去する前の状態と比べるとキレイになりましたが、ウォータースポットリムーバーで除去できなかった水ジミが残ってしまいました。このように残ってしまった水ジミは研磨で除去してまいります。

洗浄後。

下地処理洗浄のご用命でしたので、ボンネットを開けた際に見えますフロントバンパーの上部などもキレイにしてまいります。

洗浄前。

キレイになりました。

洗浄後。

続いて鍵穴のグリス汚れと隙間に詰まっているワックスをタールピッチリムーバーを使いキレイにしてまいります。タールピッチリムーバーは金属にも使用できますので、マフラーに付着してしまったアスファルトタールピッチも除去することができます。

洗浄前。

新品のようにキレイになりました。

洗浄後。

全ての洗浄が終わり研磨作業に移ってまいります。新車から12年が経過しておりますが、経過を感じさせない美しさを引き出してまいります。

研磨前。

塗装本来の美しさが蘇りました。

研磨後。

こちらも美しく磨き上げてまいります。運転席ドアは研磨後となりますので、見比べていただけると写り込みが全く違うのがお分かりになると思います。

研磨前。

こちらも美しい写り込みとなりました。

研磨後。

テールランプも研磨できますので、新品のような美しさにしてまいります。

研磨前。

キレイになりました。

研磨後。

全ての洗浄と研磨が終わり、3工程のグロスアーマーを施工してまいります。グロスアーマーは3工程で1層の強い被膜となり、12年の経過を感じさせない美しくなった塗装面を汚れや劣化から守ってくれます。美しさも最大限となり、まさに艶の鎧となります。

おクルマをご覧になったオーナー様「これは良い!最高だ!ありがとう!」と仰ってくださいました。その一言だけでも喜んでいただけたご様子がうかがえ、何よりでございます。

12年が経過したおクルマが美しくなりましたが、美しさを維持するためには洗車が不可欠となります。どんなに美しく磨き上げ、良いコーティングをしても必ず洗車は必要となります。洗車をしなくても良い、キズが付かないということもございません。なので私たちは、どなたにでも美しさを維持できるよう、無駄がなく洗車キズや水ジミを付けない、楽にできる正しい洗車をお伝えしております。

それからもう一つお伝えしておりますことは、普段のシャンプー洗車を繰り返していても、シャンプー洗車では落とすことのできない汚れは付着してしまいます。その際にゴシゴシしても汚れは落ちず、洗車キズの原因になってしまいますので、当店のクレンジング洗車をご利用くださいませ。クレンジング洗車で落とすことができます汚れは、水ジミ、鉄粉、アスファルトタールピッチなどで、クレンジング洗車の目安は半年に1回、1年に2〜3回となっております。

これからも「美しいクルマと共に暮らす。」素敵な毎日をお送りいただけますよう、全力でサポートさせていただきます。

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2020年06月30日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー:
施工内容: