オンラインショップ

マツダ CX-5 軽研磨+グロスアーマー+フロントガラス撥水コーティング+ホイールコーティング

マツダ CX-5、軽研磨+グロスアーマー+フロントガラス撥水コーティング+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。新車でご購入されたこちらのお車です。当店のブログをご覧いただいており、研磨をして、新車特有の塗装面の「くもり」を除去した最高の状態に仕上げたうえで、その綺麗な状態で乗り続けたいとのことです。デザインも、色も、センス抜群のマツダのお車ですが、塗装面の仕上がりは、「くもり」や「ゆず肌」が強めです。ゆず肌まで平滑にしてしまいますと、塗装面への悪影響も大きくなってしまいますので、塗装に負担をかけない範囲で、「ソウルレッドプレミアムメタリック」の美しさを最大限に引き出して参ります!

DSC_5831

ホイールから洗浄して参ります。ホイールコーティングを施工いたしますので、いつもより念入りに洗浄いたします。

洗浄前。

DSC_5806

洗浄後。

DSC_5808

数種類の洗剤を使用し、水ジミやタールピッチ、新車の保護シートの糊の残りなどを念入りに除去いたします。

この様な、細かい部分も綺麗にいたします。これはドアの水抜き穴から流れ出た油分の跡です。

洗浄前。

DSC_5837

洗浄後。

DSC_5839

フロントガラスの撥水コーティングを施工する為に、ガラス面を完璧にクリーニングいたします。マスキングをしてから、コンパウンドで油膜などもしっかりと除去いたします。

DSC_5845 (1)

その後、業務用のフッ素系の撥水コーティングを施工いたします。

DSC_5855

ホイールコーティングも施工いたします。密着力の強いガラスコーティングを、スプレーガンと手塗り2種類使い分けて施工いたします。さらにその上から、防汚効果の高い、フッ素コーティングをスプレーガンで吹き付けます。

CSC_5867

次は、塗装面の研磨をいたします。研磨の際の粉で樹脂部を汚さないよう、養生をしてから行います。

DSC_5876

最近の車は、歩行者との衝突の際に、歩行者へ衝撃を軽減する為に、ボンネットで衝撃を吸収できるよう柔らかくできていますので、あまり強く押さえつけないように研磨いたします。もちろん、大切な新車の塗装を削りすぎないよう、そして最高の艶を引き出せるよう、色々なことに気を配りながらの作業となります。使用するポリッシャーも、一般的には研磨力が弱すぎて磨きには適さないとされている「ダブルアクションポリッシャー」を使用。こちらはイタリア製のポリッシャーですが、そのままではなく、オリジナルパーツなどで改造して使用しております。

DSC_5879

左側が研磨前、右側が研磨後です。研磨前はスポットライトの輪郭がぼやけていて、さらに洗浄では落ちきらなかった水ジミも見えます。とても微妙ですが、研磨後は写り込みがくっきりしているのがお分かりになるでしょうか。これは初期研磨のみの状態で、この後、違うポリッシャー、コンパウンド、バフを使用し、さらに塗装面を整えて参ります。

DSC_5882

左右とも最終工程まで研磨完了いたしました。写真では微妙な違いですが、実際にご覧になったお客様は、皆様その違いに驚かれます。

DSC_5896

塗装表面の乱反射が減る為に、赤に深みが増し、メタリックの粒子が引き立ちます。

DSC_5899

側面の研磨、最終工程を行っているところです。作業しながら、美しさに見惚れてしまいます。

DSC_5929

テールレンズは、意外と傷が目立つ部分です。こちらも研磨可能です。

研磨前。

DSC_5909

研磨後。

DSC_5913

研磨完了後、コンパウンドの粉を純水で洗い流し、3工程のグロスアーマーを施工いたします。研磨で引き出した艶に、グロスアーマーの光のベールをまとったような独特の艶が加わって、さらに美しさを増していきます。もちろん、保護効果、防汚効果も最高レベルのコーティングです。

3工程目のフッ素皮膜を施工した後、細かい部分を仕上げているところです。塗装面に傷を入れないよう、またコーティングのムラを残さないよう、使用するクロスや、力加減にも細心の注意を払います。

DSC_5979

全ての作業が完了いたしました!

DSC_5993

DSC_5992

DSC_5983

DSC_5986

DSC_5990

DSC_5989

お車をご覧になったオーナー様、「全然違いますね!ディーラーで見たときと全然違う。展示されている新車と並べて比べてみたい」と仰ってくださいました。ご満足いただけまして、私共もほっといたしました。お引渡しの際、お伝えいたしました洗車方法で、この新車以上の美しさを、末長く楽しんでいただければ幸いでございます。通常の洗車では落ちない、水ジミやタールピッチ、鉄粉などは、クレンジング洗車で除去することができます。コーティング施工から半年以内ですと、汚れの固着が少ないので、手早く作業できるので、クイッククレンジングとして、通常の半額となっております。1年に1回でも、半年に1回でも、トータルの金額は変わりません。美しさはもちろんこまめにメンテナンスされた方が上でございます。当店は、最高の美しさに仕上げるのはもちろん、その美しさを長く楽しんでいただくことが、一番大切だと考えております。

DSC_5987

この度は、数ある施工店の中からお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひ、いつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2015年10月15日