オンラインショップ

バル インプレッサG4 軽研磨+グロスアーマー+全面ガラス撥水コーティング+ホイールコーティング

スバル インプレッサG4。軽研磨+グロスアーマー+全面ガラス撥水コーティング+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。

image2

まずは下地処理洗車を行います。ボディは数種類の洗剤を用いて洗浄いたします。グリル周りなど、無塗装の樹脂パーツは研磨ができず、水ジミなどの汚れがそのまま仕上がりに影響しますので、汚れを残さないよう、丁寧に作業いたします。はみ出した下回りの防錆塗装も除去いたしました。毎回思うのですが、決して安くない料金をいただいて作業しているのですから、しっかり養生して、不要な部分へは飛び散らないようにしてほしいです。自動車業界の残念な所です。その中で、少なくとも当店は、当たり前な仕事を当たり前にする事を心掛けております。

下回り防錆塗装の飛び散り。

除去前。

DSC_0341

除去後。

DSC_0343

洗浄完了後、ホイールコーティング、全面ガラス撥水コーティングを行い、その後研磨作業を行います。

新車で傷も少なく、とても良い状態なのですが、メーカーではロボットが塗装した後、そのまま硬化、乾燥させただけですので、塗装面に若干の曇りがございます。例えば伝統工芸品の漆器なども、光沢のある仕上にするには、最後に「研ぎ」の工程が必要です。車も同様で、研磨によって、表面の曇りを取り除く事により、格段にシャープで美しい仕上がりとなります。当店で施工していただいたお客様が、よく「汚れてても綺麗だね!」と、周りの方々から言われるそうなのですが、それは下地が美しいからなんです^^

こちらのの写真ですが、メーカーかディーラーかはわかりませんが、部分的に研磨をした跡です。

DSC_0361 (1)

普通に研磨しますと、この様に、かえって傷が入ってしまいます。この様な研磨であれば、新車の曇りを取るどころか、傷だらけにしてしまいます…果たしてこれを研磨と呼んで良いのでしょうか?当店では研磨は美しく仕上げる為に行っており、工芸品を仕上げる様に、精密な研磨を行っております。

こちらも研磨の跡

DSC_0367

当店での研磨後

DSC_0369

見えにくい車体下部も、しっかり光を当て、目で確認しながら作業いたします。

DSC_0385

研磨完了です。まだコーティング前ですが、すでに艶々になっております。

DSC_0395

研磨で出た粉を洗い流した後、3工程のグロスアーマーを施工して、さらに艶を上げ、塗装を保護いたします。磨き上げたボディに、グロスアーマー特有の濡れた様な艶が加わりました。ガラスの撥水コーティングを施工する際には、しっかりと下地処理をいたしましたので、ガラスもシミひとつ無く、ゴムモールや樹脂パーツと相まって、白と黒のコントラストがはっきりとした、美しい仕上がりとなりました。

DSC_0399

DSC_0398

DSC_0416

DSC_0401

リヤフェンダーはセダンデザインの見せ場。引き立ったプレスラインが美しいですね^^

DSC_0420

DSC_0418

まだ新車のこちらのお車。納車された時にも十分綺麗だと思われていたとの事ですが、本日お車をご覧になったオーナー様、「ピカピカですね。パールが凄いはっきりわかりますね!」と大変喜んでくださいました。洗車の方法も大変熱心に聞いてくださいました。当店も綺麗を保つ為、全力でサポートさせていただきますので、末長く美しい愛車をお楽しみくださいませ!

DSC_0405

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2015年05月17日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: