オンラインショップ

日産 エクストレイル 軽研磨+グロスアーマー

日産 エクストレイル。軽研磨+グロスアーマーのご用命でご入庫いただきました。

まずは徹底的な洗浄を行います。樹脂パーツやゴム系パーツなど研磨できない部分は、ここでの仕上がりが、そのままコーティング後の仕上がりに影響します。通常の洗車では落ちない水ジミなども、専用の洗剤とマイクロファイバークロスを使用し、優しく、しっかりと除去いたします。

塗装が柔軟性を持っており、傷が復元するという日産のスクラッチシールド塗装ですので、この後、一部テスト研磨を行い、コンパウンドとバフの選択をいたしました。

image1

研磨作業を行います。洗車傷などが復元するという、スクラッチシールド塗装ですが、まだ新しいお車にも関わらず、すでに傷が入ってしまっております。今までも何台ものスクラッチシールド塗装のお車を見てきましたが、あまり普通の塗装と変わらなく、傷が入っているのが現実です。たとえスクラッチシールド塗装であっても、通常の塗装と同じように、丁寧にお手入れされる事をお勧めいたします。

さらに、メーカーも言っている事なのですが、この特性の為コンパウンドで研磨する事が基本的にはできません。コンパウンドで磨く際には、塗装面が削れずに、傷が消えないという事が起こります。もちろん、当店は、スクラッチシールド塗装でも問題なく研磨できますので、ご安心くださいませ^^

image

研磨した塗装面にアンカー硬化を持つ1層目。2層目の完全硬化皮膜、3層目のフッ素配合のトップコートを施工いたしました。グロスアーマーは塗装に素晴らしい艶を与えますが、パールやメタリックの繊細な輝きを邪魔したりはいたしません。深みを増した黒いボディーに、メタリックの粒子が浮かび上がり、とても美しい仕上がりとなりました。

image2

お車をご覧になったオーナー様、「施工前と全然違いますね!」と驚かれていました。洗車の方法も熱心に聞いてくださいました。納車時には、皆様に正しい洗車の方法をお伝えしておりますが、手順や気を付けるポイントなど、一度で全て覚えるのは、なかなか難しい事と思います。当店の洗車をご利用いただいた際には、実際に洗いながらお話させていただく事ができますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。正しい洗車で末長く綺麗な愛車を楽しんでいただければ幸いでございます。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_5494 (1)

2015年01月31日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: