オンラインショップ

車に積もった雪の落とし方

冬の朝、自宅でのルーテシア号です。雪が積もっています。雪国秋田では見慣れた光景です。

車に積もった雪を降ろさなければいけませんが、何気なくスノーブラシを使っていませんか?スノーブラシは、とても硬いブラシです。洗車の時に柔らかいスポンジを使っているのに、ここでブラシで擦ってしまうと、車が傷だらけになってしまいます。大切な愛車に傷を付けない、車の雪の落とし方をご紹介します。

「凍った雪を降ろすんだから、傷が付くのは仕方ない事。」と思っている方も多いと思います。しかし、ちゃんと気を使ってあげると、ビックリするほど傷を少なく保つ事ができるんです。

凍りついたルーテシア号。まずはしっかり暖機します。運転席のドアを開ける前に、ドアの上の部分の雪を手で少し払います。そうしないと車内に雪がどさっと入ってしまいます。ヒーターはデフロスターにして、リヤデフォッガーもつけて、窓をしっかり暖めます。そうすると、ルーフも暖まりやすいです。

IMG_7576

十分に暖機しました。私はいつも歯磨きしながらエンジンをかけにいきます。そうすると家を出る頃には、ちょうど暖機完了です。凍り付いてたフロントガラスの雪が溶けているのがわかります。フロントガラスの撥水コーティングや、ボディーコーティングをしていると、雪が滑りやすくて、落とすのも楽です。

IMG_7577

ここがポイントです!この様に、ブラシを塗装面に触れさせないようにして雪を押します。暖機が十分に終わっているので、塗装面に触れさせなくても、雪が滑ってちゃんと落とすことができます。

※追記:マイクロファイバー製のスノーブラシカバーを装着しますと、さらに安全です。(参考ブログ:車に積もった雪、正しいスノーブラシの使い方

IMG_7578

ちゃんとしっかり落としたいところですが、必要以上にブラシで撫でると傷をつけてしまいますので、運転に危なくない程度の程ほどにしています。

IMG_7579

…くれぐれも塗装面に触れさせないように。雪が塗装面を擦っているわけですが、溶けた水の膜があるせいか、意外と傷は入らないんです。

IMG_7580

窓ガラスは触れても大丈夫です^^とはいっても、プラスチックの部分などでガシガシ擦ると、ガラスでも傷がついてしまいますので、気をつけてください。雪が溶けているので、ブラシで簡単に雪が落ちます。

IMG_7581

ピアノブラックのドアピラー付近のガラスの雪は…ブラシで隅は危ないので手で落としました。

※追記 手だと冷たいので、マイクロファイバー製のカバーを付けたスノーブラシで落とすと良いです。

IMG_7582

こんな感じです。もうちょっと落としたい所ですが、必要最低限で良いと思います。ルーフもこれくらいならフロントガラスに落ちてきて困る事もありません。ボンネットもこれくらいならあえて落とす必要はありません。ウインカーは見えるように、そこは手で落としました。

IMG_7583

お店に着きました。こんな感じでさらに雪が減りました。もっと沢山積もったり、もっと冷え込んだ時は、少々大変ですが、基本は一緒です。しっかり暖機して、ブラシを直接塗装面に当てない事です。傷は一瞬で付いてしまいますが、人間と違って、車の塗装は自然治癒しませんから。余計な傷を付けないことが大切です。

IMG_7584

夕方です。日中の間にこんなに綺麗に落ちました。真冬日が続くとこうはいきません。塗装面に触れずに雪を落としていて、落としきれない氷が蓄積してしまったときは…高圧洗浄機というのも手です。コイン洗車場などで、吹き飛ばしてしまいます。洗車の際の水は、そのままにしておくと水ジミの原因になりますが、晴れた日でなく、雪が降っている日であれば、乾燥せず、雪が溶けた水で流れてしまいますので、あまり心配いりません。晴れた日ですとダメですよ。その場合はちゃんと洗車して拭き上げてください。

※追記 当店では高圧洗浄機で「お湯」や、シミにならない「純水」を使用できますので、当店のお客様はコイン洗車場ではなく、当店にぜひご来店くださいませ!

IMG_7589

ヒーターで暖まらないルーフ後部とリヤスポイラーは、凍りついたままです。必要以上に触りません。

IMG_7590

この辺は溶けていれば落としたいですが…。

IMG_7591

触ってみたら凍り付いていたので、そのままにしておきました^^;

IMG_7593

という訳で、ちょっと面倒ですが、塗装面に触らない。必要以上に綺麗に落とさない。こんな方法をお試しいただければ幸いです。

それから、車が汚れやすいと思われている冬ですが、黄砂や花粉が飛び交う春、虫や色々な汚れが、ジリジリと直射日光で焼き付けられる夏に比べれば、いつも湿っている冬は、汚れが固着しにくく、コーティングしているお車であればなおさらですが、意外と汚れにくく、洗車もしやすい季節です。凍結防止剤が付着し、その影響で鉄粉の付着は多いですが、下回りを時々高圧洗浄機で凍結防止剤を洗浄し、鉄粉は当店のメンテナンスで、擦る事無く、洗剤で溶かして除去できます。

当店オンラインショップ(https://www.beautifulcars.biz/category/item/)では、ご家庭でもお使いいただけるオリジナル洗車用純水器や、各種洗剤などをお買い求めいただけます。全国の皆様からご利用いただいております。当店にご来店できない遠方の皆様も、ぜひ当店の洗車アイテムで、冬も綺麗な愛車を維持していただき、ピッカピカの春を迎えていただきたいと思います!冬、楽しんで行きましょう!!

2014年12月06日