オンラインショップ

【秋田・本店】フォルクスワーゲン ゴルフR 軽研磨+コーティング(グロスアーマー)

本店です。フォルクスワーゲン ゴルフR 軽研磨+グロスアーマーのご用命でご入庫いただきました。

こちらのオーナー様は、長くお付き合いをさせていただいております、既存のお客様です。以前は、新車でレヴォーグをご購入され、極艶ビューティフルコートを施工させていただいておりました。その他にも、当店でコーティングを施工してくださったお客様に限り、洗車ブースの一部を利用して洗車ができます、セルフ洗車をご利用いただいておりました。その他には、普段の洗車では落とすことのできない汚れを除去できます、クレンジング洗車も定期的にご利用いただいておりまして、とてもキレイな状態を保たれておりました。

それから4年が経ち、新車のゴルフRをご購入なさったということで「またコーティングをお願いしたい!」とご用命いただきました。誠にありがとうございます。

最初は、新車ですので極艶ビューティフルコートとグロスアーマーの、どちらをコーティングするか悩んでおられましたが、こちらのオーナー様が、お勤めになられます会社の方々からも、コーティングのご用命をいただいておりまして「グロスアーマーでしょ!」と後押しもあったとのことで、グロスアーマーに決断されたとのことです。今回も、オーナー様のご期待にお応えできるよう、全力で施工させていただきます!

最初に通常のシャンプー洗車で、塗装面にキズを付ける原因となる、砂や泥の汚れを優しく落とします。その後、落ちずに残った汚れを、汚れに合った数種類の洗剤を使い、汚れを溶かしながら可能な限り除去してまいります。

こちらは、塗装面を拡大して撮影した写真です。拡大しなければ写らないほど細かな、水ジミが付着しておりました。

洗浄前。

水ジミは、ウォータースポットリムーバーを使い、溶かしながら除去してまいります。こちらの写真は、ウォータースポットリムーバーが、水ジミに反応をして白くなっています。

スポットライトのまわりに、ポツポツと写っていた水ジミを、キレイに除去いたしました。

洗浄後。

続いて、ドアの中から流れて出てしまった、錆止めのグリス跡です。サイドシルにベッタリと付着してしまっています。このような錆止めのグリスは、おクルマが錆びないように大切な役割がありますが、余分なグリスが外に出てしまっておりますので、塗装面に悪影響を及ぼす前に除去いたします。

このようなグリス汚れは、油汚れの分類になりますので、タールピッチリムーバーで溶かして除去してまいります。

洗浄前。

キレイに除去いたしました。

洗浄後。

こちらは、ボンネットを開けた際に見えます、ヘッドライト上部です。下地処理洗浄のご用命でしたので、こちらもキレイにしてまいります。

洗浄前。

キレイになりました。

洗浄後。

汚れで、くすんでしまったマフラーもしっかりキレイにしてまいります。

洗浄前。

マフラーもキレイになりました。

洗浄後。

いよいよ研磨作業に移ってまいります。新車ですが、ボンネットに磨きキズが残ってしまっています。新車といっても、部分的に研磨されてしまっていることがありまして、一般的なポリッシャー(研磨する機械)を使用する研磨技術ですと、このような磨きキズが残ってしまいます。当店が、使用するポリッシャーと研磨技術ですと、塗装面を美しく磨きあげることができます。

研磨前。

美しく磨きあがりました。

研磨後。

こちらの写真は、新車特有の「もやり」を撮影しました。新車は、塗装された後に研磨されておりませんので、どうしても、このような「もやり」が生じてしまいます。この「もやり」を研磨で除去することで、塗装本来の艶が引き出されます。

研磨前。

塗装面にぼんやりと写り込んでいたスポットライトが、はっきりと写り込むようになりました。このような「もやり」を磨き上げてまいりますと、おクルマ全体の写り込みも変わり、新車を遥かに超える美しさとなります。

研磨後。

続いて、ピアノブラック仕上げのピラーを磨き上げてまいります。このようなピアノブラック仕上げになっておりますピラーは、非常にデリケートですので、触れてしまっただけでも、キズが付いてしまいます。

研磨前。

磨き上げるのが難しいと認識されている、ピアノブラック仕上げのピラーも、当店は完璧に磨きあげることができます。ドアを閉める際は、触れないようにお気をつけくださいませ。

研磨後。

こちらのテールランプも部分的に磨かれてしまっておりました。しっかりと研磨してまいります。

研磨前。

キレイになりました。

研磨後。

全ての洗浄と研磨が終わり、塗装本来の艶を引き出された塗装面に、3工程のグロスアーマーを施工してまいります。塗装面の艶も最大限となり、艶の鎧に変貌いたします。さらにグロスアーマーの強い皮膜で、塗装面を汚れや劣化から守ってくれます。

おクルマをご覧になったオーナー様「こんなに変わるんですね!キレイすぎます!」と仰ってくださり、嬉しそうな表情をされながら、仕上がったおクルマのまわりを何周もされておりました。喜んでいただけたご様子で、何よりでございます。

今後も、セルフ洗車をご利用くださるとのことでしたので、シャンプー洗車で落とすことができない汚れがございましたら、お気軽にお声がけくださいませ。

コーティングをしたからといって、全く汚れが付かないということはございませんので、正しい洗車でしっかり洗うことが、長くキレイを維持できる秘訣です。それでも普段の洗車で、落とすことのできない汚れは付着してしまうものです。その際は、当店のクレンジング洗車をご利用くださいませ。

目安は半年に1回ですが、1年に2〜3回、クレンジング洗車をご利用くださるお客様もいらっしゃいます。当店のクレンジング洗車ですが、普段の洗車で落とすことのできない、水ジミ、鉄粉、アスファルトタールピッチなどを除去することができます。

おクルマのサイズや汚れ具合によって、洗車時間は変わってしまいますが、平均しますと2時間ほどお時間をかけて、おクルマをキレイにしてまいります。クレンジング洗車のご予約は、当日でも承っておりますので、お電話、ラインなどでお気軽にご相談くださいませ。

これからも「美しいクルマと共に暮らす。」素敵な毎日をお送りいただけますよう、全力でサポートさせていただきます。

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2020年05月30日
ボディタイプ:
ボディカラー:
施工内容: