オンラインショップ

【秋田・本店】スズキ アルトワークス ボンネット部分研磨+コーティング(極艶ビューティフルコート)+フロントガラス撥水コーティング

本店です。スズキ アルトワークス。ボンネット部分研磨+極艶ビューティフルコート+フロントガラス撥水コーティングのご用命でご入庫いただきました。

以前は黒のアルトワークスに乗られており、当店で極艶ビューティフルコートを施工させていただいたお客様です。2台目となる、こちらのアルトワークスをご購入され、念願だったボディーカラーのアルトワークスに乗ることができたとのことです。コーティングは何がなんでも当店にと決めてくださっていたということで、嬉しい限りでございます。誠にありがとうございます。お客様のご期待に添えるよう全力で施工させていただきます。

全体的に洗車キズも少なくお車の状態は良好でしたが、水道水が乾いて付いてしまう水ジミが付着しておりました。塗装面にキズを付けないように、シャンプー洗車でしっかり砂埃などを洗い落とした後、洗剤で水ジミを溶かして、マイクロファイバークロスで優しく除去してまいります。コンパウンドなどで削り落すのではなく、洗剤で溶かして落としますので、下の写真のような無塗装の樹脂パーツの水ジミも除去することができます。

洗浄前。

たくさん付着してしまっていた水ジミですが、ウォータースポットリムーバーを使い、溶かしながら除去できました。

洗浄後。

お車の側面には油汚れが付着しておりました。こちらの汚れはタールピッチリムーバーを使い、同じく溶かして除去いたします。

洗浄前。

こちらも綺麗に除去することができました。お車に付着してしまう汚れは様々ですが、ゴシゴシと擦って汚れを落とすのではなく、汚れに合った洗剤を使い、溶かしながら除去することで、キズを付けずにキレイにすることができます。キズを付けなければ、キズを取り除くために研磨をする必要もありませんので、余計な費用がかかることもありません。

洗浄後。

ボンネットに新車から見られる塗装の「くもり」が確認できましたので、部分研磨のご用命をいただきました。塗装面に反射している研磨用のライトの輪郭がぼんやりとしているのがおわかりになるでしょうか?これが「くもり」です。先程、キズを付けずに汚れを落とすことができれば研磨の必要は無いと申しましたが、このような「くもり」を取る研磨は目的が違います。塗装を無駄に削らず、完璧に磨き上げる技術があればこそ、塗装したままの状態で出荷されているために残ったままの、塗装表面の「くもり」を完璧に研ぎ上げて、塗装が本来持つ最高の艶を引き出すことができるのです。

研磨前。

ぼんやりと反射していた研磨用のライトがくっきりとして、お客様の念願だったボディーカラー本来の艶が引き出されました。しっかり塗装面を研ぐ技術がなければ決して得られることができない、美しい艶です。せっかくの新車の塗装を削ることに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、研磨量は、このような艶出しの場合1μm(0.001m)以下ですので、心配ございません。(こちらのページの中程「研磨」の部分をご覧ください→ https://www.beautifulcars.biz/service/

研磨後。

徹底的な洗車と、ボンネットの部分研磨が終わり、2行程の極艶ビューティフルコートの施工と移ってまいります。汚れをしっかり除去したお車はスッキリと美しいですが、極艶ビューティフルコートを施工して、さらに艶を引き出し美しく、そして塗装面を強くしてまいります。

全ての施工が完了いたしました。

仕上がったお車をご覧になったオーナー様、嬉しそうなご様子で何度も愛車の周りを回られていました。「いや〜最高です!」と仰ってくださり、写真もたくさん撮ってくださいました。純水器もお持ちになられており、「コーティングと純水器は最強の組み合わせです!」と仰ってくださいました。誠にありがとうございます。極艶ビューティフルコートを施工させていただきましたので、汚れは付着しづらく、汚れても落ちやすくなっておりますが、ご自身で落とすことが難しい汚れが付着してしまった際は、無理に擦ったりせずに、クレンジング洗車をご利用くださいませ。

これからも、「美しいクルマと共に暮らす。」素敵な毎日をお送りいただけますよう、私共も全力でサポートさせていただきます。この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2019年03月16日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: