オンラインショップ

アウディ Q3 軽研磨+コーティング(グロスアーマー)+全面ガラス撥水コーティング+金属モールコーティング+ホイールコーティング

アウディ Q3。軽研磨+コーティング(グロスアーマー)+全面ガラス撥水コーティング+金属モールコーティング+ホイールコーティングのご用命でご入庫いただきました。当店をご利用いただいているお客様からのご紹介です。新規のお客様からのご用命はもちろん嬉しいのですが、ご紹介でのご入庫もとても嬉しいものです。「全部やった方が良いよ!」とお勧めくださったので、外装に関してはフルコースのご用命となりました。ご紹介くださったお客様のご期待に応える為にも、心を込めて施工させていただきます!

新車納車後そのままご入庫いただきました。しかし、一部塗装の不具合を発見し、一度お客様にお返しし、ディーラーとの話し合いの後、再びご入庫いただきました。その間も、当店の洗車をご利用いただいておりましたので、綺麗な状態でのご入庫となりました。

まずは徹底的な洗浄から開始いたします。

ホイールコーティングを施工しますので、ホイールはいつもよりさらに念入りに洗浄いたします。

洗浄前。

dsc_5940

洗浄後。

dsc_5941

ドアミラーの樹脂部には、ワックスの様なものが付着。ディーラーでの納車前に施工されたものです。いつどこで塗っているのかわかりませんが、樹脂部に塗ってしまうと、このように白くなってしまいます。

洗浄前。

dsc_5959

素材を傷めないように綺麗にいたします。もともと塗らないでいただければ助かるのですが…。仕方ないですね。

洗浄後。

dsc_5961

車体下部も綺麗にします。見えにくい部分ですが、汚れの上からコーティングしても仕方ないですから、綺麗にするのは基本です。

洗浄前。

dsc_5943

洗浄後。

dsc_5945

洗浄が終わったら、純水で十分に濯いだ後良く水切りをします。

ホイールはスプレーガンで隅々までコーティングいたします。車体装着状態ですが、裏側はサービスでできるだけ奥まで施工いたします。

dsc_5975

白く腐食しやすい輸入車の金属モールは専用のコーティング剤で保護。コーティングーしないと半年程で白くなってくることもあります。腐食する前の保護と、それでも腐食が見られたら早めにお手入れすることが、費用も抑える事ができ、さらにいつも綺麗な状態を楽しむことができます。

dsc_5970

dsc_5971

ガラスの撥水コーティングも施工。ここまでですでに丸1日が完了です。翌日からは研磨作業を行います。

新車の塗装を無駄に削らないよう、最小限の研磨量で、塗装の美しさをさらに引き出していきます。新車なのに磨く必要があるの?と思われる方も多いと思います。例えば漆器。艶のある漆器は、塗りの後職人が磨き上げて艶を出していきます。しかし大量生産の自動車は、1台1台職人が磨くことはできません。ロボットが塗装を拭き付けて、そのままの状態で仕上がりとなります。それでもできるだけ美しく仕上がるように工夫されてはいますが、実際に職人が磨いて仕上げるのと同じにはなりません。ですので、職人が磨き上げると、普通の新車以上の艶、塗装本来の美しさが引き出されるのです。最高に美しい愛車を目にされたいと思われる方は、研磨ありのコースをお勧めいたします。

dsc_5979

もちろん、すでに付いてしまっている洗車傷なども除去します。黒い部分は写真でも傷が分かりやすいですので、ご覧ください。

研磨前。

dsc_5988

このようなピアノブラック部は、通常であれば、磨くと研磨剤の粒子の跡が出て、かえって傷がついてしまい、「磨かない方が良かった」ということになります。当店はそのようなことが起きない研磨方法を用いておりますので、このように、しっかりと磨き上げることが可能です。

研磨後。

dsc_5989

じっくりと磨き上げ、美しい艶を放つ塗装面。コーティング前の研磨で、このように塗装の美しさを引き出すことが、息をのむような仕上がりに繋がるのです。

dsc_5993

研磨完了後は、再び純水でコンパウンドの粉などを丁寧に洗い流します。ここで脱脂工程を行う施工店も多いですが、その際の溶剤で塗装面を傷めてしまうことも多くあります。当店は完全水溶性のコンパウンドを使用しておりますので、水で十分に除去できます。さらに純水を使うことにより、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル分さえも残さない、クリーンな塗装面を作り上げ、そこにコーティングを施工していきます。

コーティングはスプレーガンと手塗りを使い分けて施工します。

dsc_6017

塗りムラ、塗り残しなどがないよう、そしてできるだけしっかりとした皮膜を作るよう、指先の力加減にも細心の注意をはらいながら施工いたします。ただ塗って拭くだけではない奥深い作業です。

dsc_6070

3工程のグロスアーマー施工完了。まさに艶の鎧をまとった、美しいアウディ Q3です!

dsc_6024

dsc_6025

dsc_6031

dsc_6028

dsc_6035

dsc_6034

dsc_6036

お引取りは、オーナー様とご紹介者様がご一緒にご来店くださいました。ご紹介者様も「おぉ!良いじゃない!」とご満足くださり、オーナー様も「凄い綺麗!」と喜んでくださいました。今後は、正しい洗車で末永く美しい愛車をお楽しみくださいませ!当店も手洗い洗車など日常のお手入れのお手伝い、そして通常の洗車では落ちない水ジミやタールピッチ、鉄粉などを除去するクレンジング洗車やコーティングの補充メンテナンスなど、美しさを保つお手伝いをさせていただきます!

dsc_6046

この度は、数ある施工店の中からお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひ、いつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2017年01月04日