オンラインショップ

当店でコーティング(TTクリア5レイヤー)後3年経過したお車の状態

こんばんは!社長の村上です。

本日も沢山のご入庫をいただきました。誠にありがとうございます。その中の1台、当店がオープンしてすぐ、3年前の平成25年3月にコーティングを施工させていただいた、フォルクスワーゲン ジェッタがメンテナンスでご入庫くださいました。3年間、再研磨などはしておりませんが、とても綺麗な状態ですので、ご紹介させていただきます。

今の時期は杉花粉が多く飛んでいて、ボディーに乗った状態で雨が降ると、花粉が水分で破れて、中身のタンパク質が出てきてベタベタとくっつきます。その後乾くと、タンパク質が収縮して塗装面に酷いシミを作ってしまいます。これはコーティングをしていても、残念ながら防ぎきることはできません。

こちらのお客様は、普段別なお車に乗られているので、ちょっと見ていない間に、花粉が固着しシミを作ってしまいました。クレンジング洗車で固着した花粉を洗浄した後、それでも残るシミは熱処理で除去いたしました。決してゴシゴシ擦って洗車傷を入れるようなことはいたしません。

メンテナンス後のお車の状態がこちら。

艶々です。

DSC_1315

シミも綺麗になりました。

DSC_1316

参考までに3年前の施工の様子はこちら。https://www.beautifulcars.biz/1680/

この時、新車から3年半経過した状態でした。入庫直前にディーラーで板金塗装した部分がこのような状態。塗装後にポリッシャーで研磨した跡が、酷い傷のようになっています。研磨によって、かえって傷を入れてしまう典型例です。

DSC_1194-1024x684

これをこのように研磨した後、コーティングして仕上げました。

DSC_1252-1024x684

この時から3年。新車からは6年半が経過しました。コーティング後は、正しい洗車方法を実践された結果、洗車傷はとても少なく、ついていてもごく浅いもので、あまり気になりません。

DSC_132711

普通であれば、一面グルグルとした洗車傷に覆われているはずのボンネット。太陽を映しこんでみても、数本の洗車傷と、ごく薄い水ジミは見られますが、ご覧のように綺麗な状態です。

DSC_1319

新車から6年半、コーティング後3年経過しても、こんなに綺麗に保てるんです。これくらいの状態なら、仮に再コーティングするとしても、新車と同じ「軽研磨」のコースで十分です。「コーティングって何年持つの?」というご質問をよくいただきますが、このように、お手入れ次第で何年でも持ちます。あと1年、2年と維持することもできますし、3年目位で再研磨して、コーティングすれば、また新車以上の美しさになります。

DSC_1320

このように、メンテナンスをさせていただきまして、私共も、とても嬉しく、また大変勉強になります。この度はご入庫ありがとうございました!

2016年04月05日
ボディタイプ:
ボディカラー: