オンラインショップ

トヨタ ヴェルファイア 軽研磨+TTクリアコート

トヨタ ヴェルファイア、軽研磨+TTクリアコートのご用命でご入庫いただきました。

DSC_03971

ディーラーでガラスコーティングを施工したという、こちらのお車。洗車傷などがそのままにコーティングされている事と、洗車の度に、写真の様に水ジミが付着してしまい、購入したお店でも除去ができないとの事でご入庫いただきました。コーティングにより、水ジミの付きやすさが違います。ディーラーでコーティングをした後、このような状態、そしてもっと悪い状態になっているお車が多くあります。コーティングの問題もありますし、施工する側に正しい知識が無いのも問題です。

DSC_0406

まずは徹底的な下地処理洗浄から行ってまいります!

細部も丁寧に綺麗にします。エンブレムの中に付いた水ジミ。

洗浄前。

DSC_0401

洗浄後。

DSC_0403

エンブレム。文字の下の方に見えるわずかな水ジミも…。

洗浄前。

DSC_0400

優しく除去いたします。

洗浄後。

DSC_0404

お客様が気になさっている水ジミは、残念ながら当店の水ジミ除去用の洗剤でも落ちませんでした。研磨作業で、洗車傷と同時に除去して参ります!

DSC_0454 (1)

DSC_0451

研磨前。

DSC_0412

ソリッドブラックは、通常であれば、研磨後に研磨バフによる細かい傷や、研磨粒子の痕によるオーロラマークが出てしまいますが、当店の研磨方法はそれらを出しません。

研磨後。

DSC_0429

水ジミと共に、オーナー様が気になさっていた洗車傷。コーティングをしたにも関わらず、最初から付いていたとの事です。傷の上から硬化型のガラスコーティングを施工いたしますと、傷を封じ込めてしまいます。こちらも研磨で除去して参ります。

研磨前。

DSC_0413

研磨後。

DSC_0432

軽研磨といえども、大きなアルファードですので、1日では終わりません。研磨作業は2日目に続きます。

ドアの下部も、厳選した照明をしっかりと当てて、表面の状態を確認しながら作業いたします。

研磨前。

DSC_0491

研磨後。

DSC_0494

研磨後のドアです。通常であれば、オーロラマークや磨き傷が見えてしまう、ソリッドブラックですが、研磨が完了した段階で、この様な状態です。

DSC_0500 (1)

研磨完了。このように全体にコンパウンドの粉がかかっています。粉が出る。という事は、その後の洗浄の手間がかかり、施工性は悪いのですが、コンパウンドが塗装面に残らずに粉となって飛散する。という事で、研磨中の塗装面のリアルな状態を見る事ができますので、当店では好んで使用しております。

DSC_0524

コンパウンドの粉を純水で洗い流しております。この後、柔らかなマイクロファイバークロスと弱酸性シャンプーで洗い、コーティング前に、塗装面を綺麗な状態にしておきます。

DSC_0532

洗浄後、3層のTクリアコートを施工いたしました!最近は、TTクリアコートの後継である、グロスアーマーの施工が続き、久しぶりにTTクリアコートを施工いたしましたが、この深い濡れ艶の凄さは、やはり絶品です。

DSC_0559

DSC_0550

ソリッドブラックに施工した場合、グロスアーマーは、表面に光りの膜が張り、まるでクロムメッキの様に輝きます。対してTTクリアコートは、あくまで黒く、濡れたように深く沈みこんだ光沢となります。

DSC_0552

TTクリアコートは、進化を重ね、最終的には5層構造のTTクリア5レイヤーとなり現在に至っております。素晴らしい仕上がりなのですが、大変手間がかかる為、施工金額が高くなることと、その後板金塗装などで、部分施工をする際に、ごく小さな範囲でも、5層の乾燥時間を取る為に、一晩の時間がかかるという点がございました。TTクリアコートの後継である、グロスアーマーは、それらの問題点を解消しており、今まで当店では積極的にお勧めして参りました。

TTクリア、グロスアーマー、両方の施工を数多く経験した結果、両方の良い部分を取り入れた、ビューティフルカーズオリジナルの3層のTTクリアコートが完成いたしました。これにより、グロスアーマーと同等の施工価格と、再施工性の良さを実現いたしました。今後は、グロスアーマーとTTクリアコート、施工代金を気にせずに、お客様のお好みや使用状況に、より合ったコーティングをお選びいただけます!

DSC_0553

お車をご覧になったオーナー様、「おぉ、綺麗になった」と嬉しそうになさっていました。

新車購入時にディーラーでコーティングしたものの、洗車傷が付いた状態の仕上がりと、注意して洗ってもどんどん増える水ジミでお悩みとの事でした。洗車をし、水ジミ除去の洗剤で洗っても、この様な状態でした。

DSC_0416

4日間の作業を終えて、生まれ変わったボンネットです。

DSC_0592

手が届きにくいルーフもこの様に。

DSC_0577

お手入れが大変なのは覚悟して買った色だから、この綺麗な状態をなるべく保ちたいとの事でした。納車時に必ずお伝えしている洗車方法ですが、大変熱心に聞いてくださいました。通常の洗車で落ちない汚れなど、気になることがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

2015年06月27日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: