オンラインショップ

アウディ Q3 他社で板金塗装をしたところ、全体が傷だらけに…スタンダード研磨+TTクリアファイナライズ

当店で5層構造のTTクリアファイナライズを施工していただいた、アウディ Q3。

DSC_4194

施工の様子はこちら。

施工から4ヶ月。ピカピカをに維持してくださっていたのですが、不幸にも事故に遭われてしまい、左後部を板金塗装されたとの事。修理後のお車を見たオーナー様から、「車が酷い状態になってしまった」と、ご相談を受けました。

ご来店され、お車をチェックさせていただいた際の画像がこちらです。

ここは、板金塗装をした部分なので、全体に磨き傷が入っていますが、程度はともかく、想定内ではあります。保険を使われての修理でしたので、こちらに関しては、保険会社からお支払いいただき、研磨、再コーティングを施し、綺麗に仕上げる事ができます。

10

しかし、問題は、修理していない部分です。

リヤドアです。ここにも盛大に磨き傷が入っています。修理箇所の隣接パネルですので、ここは止むを得ないかもしれません。

11

フロントドアです。流石にここは、修理とは無関係なのですが…酷い傷が確認できます。

12

ドア程ではないですが、全体に酷い傷が入ってしまっています。

DSC_5653

修理した箇所と反対側のリヤフェンダーです。明らかに指の跡が見えます。おそらくフェンダーの形を見るために、軍手か何かで強く撫でてしまったのでしょう。

13

お車全体の隅々まで、洗車の後に、固いタオルで拭いてしまったような傷が入っておりました。修理を依頼したお店ともご相談されたようですが、結果的にオーナー様が不足分をご負担するという事で、全体を磨きなおし、再コーティングする事となりました。

せっかく、大変綺麗に維持されていて、修理の際も、余計な傷など付けないようにと、よくお話されてのご入庫だったにもかかわらず、大変残念な結果となってしまいました。しかし、この様な事が、ごく当たり前に行われているのが事実です。当店が提携している業者様は、正しい洗車方法をされておりますし、取扱も非常に丁寧にしてくださいますので、この様な事にはなりません。

一度は車を手放してしまおうかとまで悩まれていたオーナー様ですが、「車は悪くないから」と、再施工をご依頼くださいました。オーナー様の思いにお応えできるよう、精一杯作業させていただきます!

まずは徹底的な洗車から行います。ブログの更新が滞っておりまして、2月の施工でした。懐かしいです^^;

P2240082

輸入車のホイールは汚れやすいですね。

洗浄前。

P2240085

洗浄後。

P2240091

全体を綺麗に洗車した後、研磨作業に入ります。

研磨前。

P2240098

研磨後。

一見ショッキングな見た目でしたが、研磨で綺麗になりました。塗装その物は、品質の良い物が使用されており、塗装の技術にも問題ありませんでしたので、研磨で修正する事ができました。塗装自体に問題があったり、塗り肌がおかしい場合は、研磨のみで完璧に綺麗にする事ができない場合がありますので、今回は不幸中の幸いでございました。

P2250124

しかし、その他の作業は、かなり雑…といいますか、あちこちに不具合がございました。

ドアを開けた縁の部分ですが、ペーパー(紙やすりの様な物です)で削ったような跡がそのまま残っておりました。そして、ドアを開けた内側の部分にまで、ひどい傷が入っておりました。

P2240086

縁のペーパー跡を、修正した後、通常であれば研磨しない部分なのですが、内側まで可能な限り研磨いたしました。

DSC_0100

じっくりと作業いたしまして、修理箇所のリヤフェンダーは綺麗になりました。

研磨前。

P2240101

研磨後。

P2250125

他の部分も研磨をして参ります。

ボンネットにも傷が入っています。たった一度の洗車で、こんなに傷が入ってしまうものなのですね…。

研磨前。

P2250119

研磨中です。

P2250126

研磨後。

P2250131

研磨前。

P2250123

研磨後。

P2250137

左リヤドア。

研磨前。

P2260157

研磨後。

P2260160

バックドアのエンブレム周りにも、隅々まで傷が入っています。

研磨前。

DSC_0089

普通のミニポリッシャーでも入らない隙間ですので…さらに小さなミニミニポリッシャーで研磨します。小さくても、バフ目を出さないよう、ちゃんとダブルアクションのポリッシャーです。

DSC_0091 (1)

研磨後。

DSC_0092 (1)

ピアノブラックのピラー部。

研磨前。

DSC_0084

研磨後。

DSC_0087

研磨完了いたしました。お車はコンパウンドの粉だらけになっていますので、しっかりと洗い流します。

DSC_0107

その後、5層構造のTTクリア5レイヤーを丁寧に施工いたします。施工工程は非公開の為、お見せできないのですが、1層1層、じっくりと作業いたしますので、1日がかりの作業となります。コーティングが完了し、完成いたしました!

DSC_0116

DSC_0119

DSC_0126

DSC_0127

施工中も何度かご相談させていただきながらの作業となり、大変ご心配だったと思われます。仕上がりをご覧になったオーナー様から「ピカピカに戻りました!」とお言葉をいただき、施工した私共も、ほっといたしました。ピカピカに復活した愛車で、楽しい思い出を沢山作っていただければ幸いでございます。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_0124

2014年09月19日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: