オンラインショップ

スズキ スペーシアカスタム 軽研磨+TTクリア5レイヤー

スズキ スペーシアカスタム。広大な室内空間を持つ、スズキ パレットの後継モデルとして2103年に登場したスペーシア。減速時のエネルギーで発電、充電するエネチャージ。アイドリングストップは、時速13キロ以下でエンジンストップ。アイドリングストップ中も蓄冷剤を利用し、冷風をキープするエコクールなど、数々の最新技術を装備し、「日本カーオブザイヤー」では、最も優れた軽自動車に与えられる「スモールモビリティ部門賞」を受賞した車です。このカスタムは、さらに精悍な内外装を持つ、スタイリッシュなモデルです。

新車を購入されて1ヶ月程のこちらのお車。パールホワイトのボディーを、5層構造のTTクリア5レイヤーで、ウルウルの艶に仕上げて参ります!

黒を基調とした上質感溢れる内装。

DSC_5732 (2)

本皮巻のステアリングホイール。

DSC_5736 (1)

燃費が良い運転状態の時は、メーター照明がグリーンに変化。

DSC_5735 (1)

両側スライドドアで狭い駐車場での乗り降りも楽々。

DSC_5740 (1)

52馬力を発生するエンジンは、JC08モードで27.8km/L。64馬力を発生するターボエンジンでも、JC08モードは26km/L。軽自動車の燃費向上は目覚しいものがあります。

DSC_5742

洗車開始です!

P2040012 (1)

まずはホイール洗浄から。

洗浄前。

P2040017 (1)

洗浄後。

P2040042 (1)

通常の洗車では落ちない汚れも、塗装を痛めずに、優しく除去。

洗浄前。

P2040023 (1)

洗浄後。

P2040027 (1)

こういった見えにくいところも可能な限り綺麗に。

洗浄前。

P2040036 (1)

洗浄後。

P2040038

徹底的な洗浄の後は、マスキングをして、研磨作業を行います。

DSC_5685 (1)

新車にも、納車時から洗車傷がついている事が多いです。また、新車の塗装は、映り込みがぼんやりしている事が多いです。研磨し、くっきりと仕上げて行きます。写真は研磨後ですが…ちょっと分かりにくいかと思います。

DSC_5713

分かりやすい、黒メタリックのリヤガーニッシュ。丸く見えるのは、機械磨きの跡です。新車納車前の修正研磨があったのでしょう。

研磨前。

DSC_5701

当店は磨きの専門店ですので、研磨傷は残しません。

研磨後。

DSC_5705

研磨完了後、一度洗車をして、コンパウンドの粉などを洗い流し、その後、5層のコーティングを施工いたします。作業工程は非公開なのでお見せできないのですが、1層1層施工方法も違い、時間をかけて施工いたします。研磨でモヤモヤを除去しくっきりとした「パールホワイト」に、さらに濡れた様な深みと、鮮やかさが加わり、TTクリア5レイヤー独特の美しい仕上がりとなりました。

 DSC_5730 (2)

DSC_5731

DSC_5733 (1)

DSC_5735

DSC_5734 (1)

お車をご覧になったオーナー様、「新車のときよりもパールのキラキラがはっきりして、色が変わったみたいで、凄く綺麗です!」と仰ってくださいました。さらに「大事に乗ります。」というお言葉をいただき、施工させていただいた私共も、とても嬉しかったです。

こちらのオーナー様、以前ご家族の別なお車もコーティングさせていただいていたのですが、今度からは2台合わせて、当店に洗車、メンテナンスをお任せ頂けるとの事。全力でサポートさせていただきますので、お困り事がございましたら、お気軽にご相談くださいませ!

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_5727

2014年04月06日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: