オンラインショップ

【秋田・本店】虫の季節がやってきました

最近の秋田市はポカポカと暖かい日が多くなり、過ごしやすくなってきました。季節が変わり暖かくなると虫も活発になってきます。

この時期は、運転をしているとバチバチとクルマに虫があたってきます。特に夜間の走行や高速道路を走行した後は、ナンバープレート、フロントバンパー、サイドミラーに虫がたくさん付いていてビックリしますよね。クルマに虫があたり放置してしまうと、潰れてしまった体液が塗装面を侵食し虫の跡が残ってしまいます。

付いたばかりの虫汚れは、コロイド洗浄剤で除去できることが多いのですが、何日か放置してしまいガチガチになった虫汚れには虫汚れリムーバーが効果的です。

量販店などで販売している虫取り洗剤は、撥水性まで落としてしまう物が多いのですが、当店で取り扱っている虫汚れリムーバーは、撥水性を残したまま虫汚れをスッキリと落とすことができます。アルカリ度を高めたアルカリイオン水をベースに作られているため、安心してご使用いただけます。

シャンプー洗車をせずに、虫汚れを強く擦ってしまいますとキズが付いてしまいますので、最初にシャンプー洗車でキズの原因になる砂や泥汚れを落としてから、虫汚れを除去していきます。この時、虫に水分を多く含ませて湿らせると除去しやすくなります。虫汚れリムーバーを虫汚れに直接拭き付けて、数秒置いてから濡れたマイクロファイバークロスで優しく撫でるように除去します。

※水道水を最初から最後までご使用になる場合は、水ジミの原因になってしまいますので、なるべく他の箇所に飛び散らないよう、水量や水をかける角度などにお気を付けくださいませ。

スタッフのクルマのフロントメッキグリルにべったりと付いた虫汚れを洗浄しました。

洗浄前。

洗浄後。

純水を使用したので周りに飛び散った純水は、そのままにしておいても水ジミが付く心配もなく、虫が付いていた部分だけ手早く洗うことができました。純水を使用いたしますと、このように楽に洗うことができます。

洗車キズを付けないために「洗剤で汚れを溶かして優しく除去し、ゴシゴシ擦らない」、水ジミを付けないために「乾いてもシミにならない純水で濯ぐ」このシンプルな2つが愛車を美しく保つことの秘訣です。
愛車を美しくするために、色々なケミカル類を買ったり、高額なコーティングをしてもらったり、休日を費やして時間をかけて洗車したり…それでも思ったように綺麗にならずお困りになっている方は、YouTubeでも洗車動画を公開しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

これからも「美しいクルマと共に暮らす。」素敵な毎日をお送りいただけますよう、頑張って発信してまいります。

2020年05月20日