オンラインショップ

アルファロメオ ジュリエッタ 軽研磨+TTクリアファイナライズ+ホイールコーティング+ウインドウフィルム

アルファロメオ ジュリエッタ。1954年~1965年、1977年~1985年と製造され、2010年、アルファロメオ147の後継として復活し、現在に至ります。こちらのお車は新しく加わったクラシカというグレード。ナチュラル色のレザーシートと、アルファロメオ伝統の7ホールのホイールがお洒落です。5層構造のTTクリアファイナライズ、ホイールコーティング、ウインドウフィルム施工をご用命いただきました。

ボディーカラーは、ジュリエッタに新しく加わったメタリックレッド。セクシーな造形のジュリエッタを瑞々しく美しく仕上げて参ります!

流れるようなデザインの内装。

DSC_3783

スパルタンなアルミペダル。

DSC_3786

クラシカ限定、ナチュラル色のレザーシート。

DSC_3787

パッドが大きめの3本スポークステアリング。ちょっと懐かしい感じがするデザイン。

DSC_3790

シンプルなのに、レーシー。

DSC_3791

トルクコンバーターを介さず、レスポンスが良い6速乾式デュアルクラッチのTCT。日本車にもデュアルクラッチが増えて欲しいです。

DSC_3792

170pを発揮する1400ccターボエンジン。

DSC_3812

まずはフィルム施工です。当店は秋田市でおそらく唯一、IKCのルミクール、シルフィードを取り扱っております。他メーカーに比べて、透明感が抜群で、まるでプライバシーガラスの様な仕上がりです。今回は透過率15%のルミクールを使用しました。

施工前。

DSC_3737

DSC_3736

施工後。

DSC_3821

DSC_3822

透明感抜群なので、カメラの露出が変わるだけで、見た目がわかりませんね^^;。この様に室内からの視界はバッチリですが、外から見ると…。

施工前。

DSC_3735 (1)

施工後。

DSC_3824

しっかり黒くなっております。かっこ良いですし、プライバシーも守られます。

次はホイールコーティングです。輸入車はブレーキダストが多く、ホイールが汚れやすいですが、コーティングをしておく事によって、汚れが落ちやすく、お手入れが楽になります。

まずはしっかりと洗浄。

洗浄前。納車されて半月程ですが、すでにかなり汚れております。

DSC_3740

洗浄後。

DSC_3741

ガンを使い、隅々まで、2種類のコーティングを重ねて施工します。

DSC_3751

お車に付いた状態ですので、表面のみのご依頼なのですが、できるだけ裏面にもコーティングします。

DSC_3752

さらに裏側に手を入れまして…。

DSC_3756

ホイールコーティング完成です!

DSC_3754

冬用のホイールもコーティングのご用命をいただきました。こちらも完成です!

DSC_3938

次にボディーを徹底的に洗車します。

ホイールハウスの中が吸音の為か、繊維系のカバーで覆われているのですが、白い綿ゴミの様な物が大量に付着しています。

DSC_3743

これらもエアブロー等で、できるかけ取り除きました。

DSC_3744

ボディーの一部はザラザラの付着物があり、ケミカルでは除去できませんでしたので、粘土を使用して除去。粘土はどうしても塗装面に傷を入れてしまう為、当店はできるだけ使用を控えておりますが、研磨の前処理では、異物の完全除去が優先となります。粘土の傷は研磨で除去できますが、異物を噛みこんだまま研磨をしますと、かえって深い傷を入れてしまったり、それを除去する為に深い研磨をしなければいけなくなってしまいます。

DSC_3757

マスキングをしまして、厳選した照明の下研磨作業を行います。

DSC_3770

新車とはいえ、数々の補修跡などが浮かび上がってきます。

照明の周りに白く、もやっと見えるのが、オーロラと呼ばれる跡。ポリッシャーで磨いた際の、コンパウンドの粒子の微細な跡が、ユラユラとオーロラの様に浮かび上がってきます。

DSC_3760

こちらは完全な磨き傷。粗いコンパウンドやバフによって付けられた跡です。

DSC_3763

こちらはオーロラーと磨き傷の中間くらいでしょうか。写真でもはっきりと削った跡が確認できます。

DSC_3764

さらにアップ。

DSC_3765

研磨後。

DSC_3768

研磨だけでこの状態まで仕上げます。当店の様な磨きの専門店では、この仕上がりが当たり前です。しかし、板金工場やディーラーなどでは、一般的に、研磨傷はどうしても出てしまう物だと思われているようです。

DSC_3769

イタリアからの長旅の間に付いたのか、小傷が目立ち、艶も若干くすんだ状態でしたが、傷を除去し、塗装面を整えて、深い艶を引き出していきます。

DSC_3772

研磨完了後、もう一度洗車をして、コンパウンド分を綺麗に洗い流し、十分に水切りをした後、5層のコーティングを施工し、TTクリアファイナライズ完成いたしました!作業工程は企業秘密の為非公開なのですが、5回コーティングを塗り込みますので、大変時間と手間のかかる作業となります。

DSC_3798

DSC_3799

DSC_3803

DSC_3808

DSC_3815

DSC_3945

DSC_3946

お車をご覧になったオーナー様、「ピカピカだねぇ」と嬉しそうに眺めてらっしゃいました。リヤから見るジュリエッタが好きとの事。確かに美しいです。セクシーな造形のジュリエッタ。簡単お手入れでいつまでも艶々でお乗りください。当店も全力でサポートさせていただきます。毎月第1、第3日曜日に行っている洗車DAYなどを便利にご利用いただければと思います。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_3826

2013年10月20日