オンラインショップ

ダッジ チャレンジャー R/T TTクリアファイナライズ(新車)+ホイールコーティング

ダッジ チャレンジャーR/T。1970年~1974年に生産された初代チャレンジャーを彷彿とさせるデザインで2008年に復活しました。現代に蘇ったマッスルカー。素敵です!

ボディーカラーは「レッドライン3コートパール」深い赤のパールで、とても美しい色です。5層構造のTTクリアファイナライズとホイールコーティングのご用命です。さらに深い艶を引き出せるよう作業して参ります。

水平基調の内装!男らしいです!

DSC_2739

スポーティーだけど、アメ車らしいおおらかな雰囲気。

DSC_2740

すっきりと丸いステアリング。NASCARのイメージです。

DSC_2744

あまり見ない色使いですが、とてもスポーツを感じさせる4連メーター。

DSC_2745

カーボン調…となりそうなオーディオパネルですが、これは何調というのでしょう?初めて見ましたが、良いです。スピーカーは作業中に、harman/kardonのウーハーがちらりと見えた気がします。良い音がしそうです!

DSC_2746

助手席前もシンプル!なのにかっこ良い!

DSC_2747

男の6速MT!

DSC_2743

5700CC V8エンジンは375psを発揮。

DSC_2736

まずはホイール綺麗に洗浄した後、ホイールコーティングをします。ホイールサイズは20インチ。その後ボディーをしっかりと洗車。車幅は192cmと全てが大きいですが、頑張って隅々まで綺麗にしていきます。

その後研磨作業に入ります。ボディーサイドのラインと文字はステッカーなので、研磨の際に触れてしまわないよう、しっかりとマスキングします。

DSC_2702

DSC_2704

ボンネットに修正研磨の跡がありました。

DSC_2705

研磨後

DSC_2772

ボンネット、ルーフなど上面は綺麗だったのですが、何故かボディーサイドだけ洗車傷が酷かったです。

研磨前。

DSC_2708

研磨後。

DSC_2710

ドア下部もしっかりと研磨します。ドア前側を磨いた状態での撮影。

研磨前の部分。

DSC_2725

研磨後の部分。

DSC_2726

研磨前の部分。

DSC_2727

研磨後の部分。

DSC_2728

塗装が硬いのと、192cmという車幅に、少々苦労いたしましたが、無事研磨完了し、5層構造のTTクリアファイナライズ施工完了いたしました!

DSC_2748

DSC_2749

DSC_2760

DSC_2764

DSC_2767

DSC_2750

DSC_2770

TTクリアファイナライズで濡れ艶に仕上がったワイルドなアメ車。独特なオーラを放っています。

お車をご覧になったオーナー様から、「皆さんが驚かれるのがわかります。艶が全然違いますね。」とありがたいお言葉をいただきました。ご満足いただけたようで何よりでございます。

大変思い入れのあるお車と伺っております。末永く綺麗にお乗りいただけるよう、お手伝いさせていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

この度は数ある施工店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました!

DSC_2769

2013年07月18日
メーカー:
ボディタイプ:
ボディカラー: