オンラインショップ

中古車の状態と、正しい洗車を続けた状態。そしてビューティフルカーズ第2章間もなく始まる…。

こんにちは!社長の村上です。

この写真をご覧ください。ご購入されたばかりの中古車です。

dsc_5451

細かな傷。さらに、プロの私達が見ればすぐにわかるのですが、ポリッシャーで研磨した跡も見えます。研磨しているけど、傷は消えず、さらに跡がついているんです。

さて、この細かい傷、どうして付くのでしょう…。

 

正解は、

「洗車」

です。

 

雪国秋田では、「スノーブラシ」も原因になります。

洗車の時、ゴシゴシ擦る。汚れたスポンジやムートンで洗う。ブラシを使う。洗車機に入れる。綿でできたタオルやボロ布で拭く。綿は硬いので、傷が入ってしまいます。ウエットティッシュ状の洗車用品や、水が不要なクリーナーなどで、砂埃が乗ったまま拭く。砂は細かな「石」ですから、まるで紙やすりをかけているように、傷が入ってしまいます。どれも「傷が入らない」とうたっていますが、「傷」と呼ぶレベルが様々なだけで、上の写真の様な細かな傷を傷だとすれば、どれでも傷は入ってしまいます。

こちらの写真をご覧ください。

dsc_4774

こちらは、新車から3年が経ち、1回目の車検を受けたお車です。当店でコーティングしてから2年半が経過しています。

dsc_4761

オーナー様が正しい洗車をしてくださっているので、洗車傷が殆どありません。「細かな洗車傷はどうしても付くもの」と言われていますが、実際はこの様に、非常に傷が少ない状態を保つことができます。

正しい洗車が難しくて、時間もかかるものであれば、それはマニアだけのものだと思います。しかし、実際には、正しい洗車は、いくつかのコツが分かれば、楽で簡単なのです。

 

本日、初めてご来店されたお客様がいらっしゃいました。関西から転勤で秋田に来られたばかりのお客様で、細かな洗車傷が気になると、今までも洗車には気を使ってらっしゃったのですが、それでもやはり細かな洗車が付いてしまったとのことでした。

秋田に来てまだ洗車をしていないとのことで、私が手洗い洗車をさせていただきました。最後はお客様が持参された、簡易コーティング剤を使って仕上げさせていただきました。力の入れ方など、洗車のコツをお教えしながら、40分程の洗車でした。水で砂埃を流し、よく泡立てたカーシャンプーと柔らかいスポンジで力を入れすぎないよう、優しく洗い、その後純水を使ってよく泡をすすぎます。最後に柔らかく清潔なマイクロファイバークロスで、コーティング剤を施工しながら、同時に水を拭き取ります。純水ですすぐ以外は、特別なことはしていません。お客様は「スポンジもクロスも力が入っていないですね」と驚かれておりました。そして、仕上がった愛車を見て、今までと同じ物で仕上げているのに、「凄いピカピカになりました!」と大変喜んでくださいました。いつもは、コーティング剤がムラになってしまうそうですが、ムラにならない塗り方も伝授させていただきました(^^)

難しくもなく、時間もかからない洗車なのですが、一般的な常識とは少し違う。これは私が1998年から18年蓄積した経験を元にした技術なのです。そして、この1回1回の少しの違いが、数年後には大きな違いになるのです。

今までビューティフルカーズは、究極の研磨技術を追求し、最高の仕上がりを求めて参りました。洗車はコーティングを施工していただいたお客様が、美しい状態を保てるよう、アフターサービスとしてご用意させていただいておりました。開店から3年半を過ぎ、これからは、「私が蓄積した正しい洗車の技術をより多くの皆様にお伝えし、洗車傷を付けない洗車が当たり前になる。美しい愛車を誰もが当たり前に楽しむことができる。そんな世の中を目指す」という、新しい目標を目指して参ります!その為には、本日の様に、洗車などの日常のお手入れでも、お気軽にご利用いただけ、ご相談いただける店となるように努力して参ります!洗車ワークショップなどのイベントも、積極的に開催していく予定です。

もちろん、より美しさを求められるお客様には、感動するほどに美しく磨き上げる研磨技術や、正しいコーティングの施工技術などにより、最上級の仕上がりをお望みのお客様にもご満足いただける、最高の技術で施工させていただきます。

最初の写真のお車です。右側が研磨後です。研磨の跡は残しません。「磨く」とは、プロとして、この様に磨くことができて当たり前だと思っております。まだコーティングはしておりませんが、すでに美しく輝いております。

dsc_5453

フロントバンパーの研磨前です。フェンダーはすでに研磨後です。

dsc_5488

研磨後です。正しい洗車をしていれば、上の写真の様な酷い傷が付くことはありません。この状態に近い美しさを長く保つことができます。

dsc_5522

「最高の技術を持って、より多くの皆様にご利用いただけるお店を目指す。そして洗車の常識を変えていく。」

これからのビューティフルカーズにご期待くださいませ!

2016年10月07日