オンラインショップ

ホンダ ビート 軽研磨+コーティング(極艶ビューティフルコート)

ホンダ ビート 軽研磨+コーティング(極艶ビューティフルコート)のご用命でご入庫いただきました。

新車から23年が経過したお車です。当店にご興味を持っていただき、プロの技術で一度しっかりと綺麗にしたいとのことでご入庫いただきました。オーナー様のご期待に沿えるよう、大切に施工させていただきます。

DSC_4328

まずは、細部まで徹底的に洗浄いたします。

DSC_4383

お車を傷めないよう、23年分の汚れを除去していきます。

DSC_4384

このような部分も、動作に影響が出ないよう注意しながら洗浄いたします。

DSC_4386

洗浄後。

DSC_4387

洗浄で落ちてしまった油は、しっかりと給油します。

DSC_4469

覗き込まないと見えないところも綺麗にいたします。この黒い汚れはフロントバンパー下部にはみ出した防錆塗装です。

洗浄前。

DSC_4408

元の塗装を痛めずに、防錆塗装だけを除去いたします。

洗浄後。

DSC_4412

洗浄後、研磨をいたします。

DSC_4437

DSC_4400

古い塗装を痛めないように注意しながら、研磨により塗装の艶を最大限に引き上げていきます。

DSC_4401

通常、塗装の表面は、透明な「クリア塗装」がされているのですが、ビートはそれがありません。ですので、研磨すると、黄色の塗装が削られるので、使用したバフは、このように黄色く染まります。ひまわりみたいですね!ビタミンカラーで、見てると元気が湧いてきます(^^)

研磨とはこのように、大切な塗装を削っているわけですので、むやみに削ればよいと言うものではなく、なるべく少ない研磨量で綺麗に仕上げるかが大切です。

DSC_4402

テールレンズも研磨可能です。

研磨前。

DSC_4404

綺麗になりました。ここが綺麗になると、全体の印象もぐっと変わってきます。

研磨後。

DSC_4406

研磨後、コーティングを施工いたします。

今回は新車から23年が経過し塗装が弱っていることを考慮して、スタンダード研磨ではなく軽研磨で施工し、深い傷はあえて残した上で、塗装本来の艶を引き上げるグロスアーマーではなく、膜厚があり、コーティング自体で濃厚な艶をつくる極艶ビューティフルコートを施工いたしました。狙いどおり、とても良い艶に仕上がりました。

DSC_4443

DSC_4444

DSC_4446

DSC_4447

DSC_4451

当店にご入庫前に幌の張替えも行なわれたとのことで、イエローのボディーにネイビーブルーの幌がとても似合っています。

DSC_4456

DSC_4459

DSC_4468

お車をご覧になったオーナー様、仕上がりを見て嬉しそうになさっていました。「細かいところまで丁寧に施工していただいて、ありがとうございます」と大変嬉しいお言葉をいただきました。ビートが沢山集まるミーティングも度々あるとのことで、次のミーティングを楽しみになさっていました。状態の良いホイールを購入されたとのことで、ホイールコーティングのご用命もいただきました。

オーナー様は、全塗装をしないと美しく戻らないと思われていたそうなのですが、年月が経ち、段々と美しさを失っていくのではなく、このように段々と美しくなっていく。そんなことが実際は可能なんです。新車時に施工いただき、長く綺麗におのりいただく。という施工が多い当店ですが、このように古いお車を美しく蘇らせるのも、とても楽しくやりがいのある仕事です。愛車に長く美しく乗りたいとお考えのオーナー様、ぜひ当店にご相談くださいませ。想像を超える技術と仕上がりでご期待にお応えいたします。

DSC_4486

この度は、数ある施工店の中からお選びいただき、誠にありがとうございました!ぜひ、いつまでも美しい愛車との暮らしをお楽しみくださいませ。

2016年09月03日
ボディタイプ:,
ボディカラー: